« 忘れ去られた理想郷(「いつか響く足音」 柴田よしき) | トップページ | ミステリーではないが良い作品(「お台場アイランドベイビー」 伊予原新) »

2012年12月 7日 (金)

軌道修正(「メグル」 乾ルカ)

「夏光」でデビューし、前作初長編「プロメテウスの涙」で話題となった乾ルカさんの「メグル」を読みました。大学の学生課の掲示板に張り出されるアルバイトを選んだ事で不思議な体験をするという物語。連作短編集です。その総ての話しに出てくるのがバイトを斡旋する不思議な女性。足が片方が義足で、掲示板を見に来る人間に何故かそのバイトはあなたが行った方が良いと助言をします。そしてそのアルバイト先でそれぞれが今の自分にとって必要な経験をしてくると言う話。怖いというより不思議な話し。そしてどこかハートウォームな結末が多いです。全体通して良く出来てます。乾さんの才能が良く出た話だと思います。ただもう少し怖い話しを期待していた人達には肩透かしな感じでしょうか?この路線に軌道修正してきたのならそれはそれでアリですね。今後に更なる期待大です。

|

« 忘れ去られた理想郷(「いつか響く足音」 柴田よしき) | トップページ | ミステリーではないが良い作品(「お台場アイランドベイビー」 伊予原新) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149842/56269489

この記事へのトラックバック一覧です: 軌道修正(「メグル」 乾ルカ):

« 忘れ去られた理想郷(「いつか響く足音」 柴田よしき) | トップページ | ミステリーではないが良い作品(「お台場アイランドベイビー」 伊予原新) »