« もっと早く読んでおけば良かった(「埋み火」 日明恩) | トップページ | 2012音楽総括 »

2012年12月24日 (月)

2012年映画総括

今年も後わずかとなりました。なので映画の総括です。恐らくDVDで100本は観てますが、今年も何かパッとしない印象。何とか5本選びました。

①ウォーキング・デッド/TVドラマ フランク・タラボン製作総指揮のTVドラマ。ここ数年の下手なゾンビモノよりも相当レベル高し!ゾンビメイクも良いし、脚本が最高。シーズン2まで観ましたが、3も放送予定なんで、先が楽しみです。

②ゾンビ大陸 アフリカン/ハワード&ジョン・フォード監督 本家ロメロ監督作品を除けば久々の大ホームランゾンビモノ。何せアフリカの大地にゾンビという設定が良い。また最近のゾンビみたいに走らない鈍さが最高。音もなく忍び寄る恐怖が久々。

③ヒミズ/園子温監督 チョッと前までは知る人ぞ知るカルト監督だったのに今や有名メジャー監督に。作品を撮るスーピードにも驚かされますが、どれも問題作。今年は「恋の罪」と二本観ましたが、出来栄えでいえば完全にこちらの圧勝。初の他人の原作(漫画原作)という試みも良かったです。主役の若者二人と、ベテランの脇役の対比が◎。

④カエル少年殺人事件/イ・ギュマン監督 ここ最近の韓国映画は毎年素晴らしい作品を送り出してきます。傑作「殺人の追憶」と同じ本当にあった未解決事件を映画化したもの。リアル感あって世界に嵌れました。

⑤LAST4 こちらもゾンビモノ。低予算でどれだけの作品が撮れるかと言う実験的作品。メインは生き残った4人だけ。そして舞台は基本倉庫の中。出てくるゾンビも数体だけ。そんな限られてシュチュエーションで1時間30分飽きさせない作品に仕上げた監督の力量に脱帽。ゾンビ本体が出なくても怖がらせる細工が斬新でした。

以上5本が印象に残った作品です。ゾンビモノが3本も。個人的な趣向でスイマセン。でもちゃんとカンヌやベルリン作品も観てます。印象に残らなかったので残念。色んな要因はあると思いますが、映画がつまらなくなった気がして仕方ない。本数よりもじっくりいい作品を出して欲しいものですね。

|

« もっと早く読んでおけば良かった(「埋み火」 日明恩) | トップページ | 2012音楽総括 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149842/56381180

この記事へのトラックバック一覧です: 2012年映画総括:

« もっと早く読んでおけば良かった(「埋み火」 日明恩) | トップページ | 2012音楽総括 »