« フェイクドキュメンタリーのパロディー(「戦慄怪奇ファイル コワすぎ 1&2」) | トップページ | お下劣ゾンビ(ゾンビ・アス」 井口昇監督) »

2012年11月28日 (水)

久々に心揺さぶられました(「最も遠い銀河」 白川道)

白川道氏の「最も遠い銀河」を読みました。上下巻の上二段書き込みの大長編でした。あまりの長さに初め読むのを戸惑いましたが、読み出したら終わるまで止まらないほど読書に没頭してしまいました。読み終わった瞬間、久々に心が揺さぶられるほどの感動を感じました。あえて細かいストーリーは書きません。でもこれは大河ドラマに匹敵する重厚な物語だし、現代の日本のハードボイルドの新しい形といっても過言ではない気がします。一人の人間の人生はこんなにもドラマティツクになる可能性があるんだろうか?勿論完全なフィクションなんですが、世の中には小説よりも奇妙で重厚な人生を送る人は多分居るんだと思います。おっと作者の白川さんもその一人。詳しい経歴を読むと凄い人生を送ってきています。そんな人が書く小説だからこれだけの深みがあるんでしょう。今年度ナンバー1になりそうな予感です。

|

« フェイクドキュメンタリーのパロディー(「戦慄怪奇ファイル コワすぎ 1&2」) | トップページ | お下劣ゾンビ(ゾンビ・アス」 井口昇監督) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久々に心揺さぶられました(「最も遠い銀河」 白川道):

« フェイクドキュメンタリーのパロディー(「戦慄怪奇ファイル コワすぎ 1&2」) | トップページ | お下劣ゾンビ(ゾンビ・アス」 井口昇監督) »