« 俺にだって分かる、自分の事以外なら(「ヒミズ」 園子温監督) | トップページ | 季節外れのフェイクドキュメンタリー三連荘(「闇動画3」) »

2012年10月 5日 (金)

史実を良く知らないので良く分からない(「相棒」 五十嵐貴久)

五十嵐貴久さんの「相棒」を読みました。何やらTVで流行っているドラマにひっかけた様なタイトルです。そして内容も幕末の日本を舞台にした話らしい。三国志以外の歴史に全く興味のない私は読む前に少しひいてしまいました。主役は二人。坂本竜馬と土方歳三。勿論名前は知った二人ですが、幕末の歴史に全く詳しくないので、二人の本当の関係性が良く分からないまま読了。本当は宿敵なんですよね?恐らく。その二人が徳川慶喜の暗殺未遂の下手人を探す為に一時期だけ手を結び犯人探しをするエンターテイメントです。幕末の有名な人達総出演で、この時代の歴史が好きな人にはたまらないんでしょう。でも私的には最後までテンションあがらず。ドンデン返しも予想がつくレベル。同じ五十嵐作品の時代物だったら「安政八年の大脱獄」(確かそんなタイトル)の方が、何倍も楽しめました。五十嵐さんが悪いんじゃなくて、私が日本の歴史モノに興味がないんでしょう。

|

« 俺にだって分かる、自分の事以外なら(「ヒミズ」 園子温監督) | トップページ | 季節外れのフェイクドキュメンタリー三連荘(「闇動画3」) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 史実を良く知らないので良く分からない(「相棒」 五十嵐貴久):

« 俺にだって分かる、自分の事以外なら(「ヒミズ」 園子温監督) | トップページ | 季節外れのフェイクドキュメンタリー三連荘(「闇動画3」) »