« 本とにこれで最後!(「怖い動画 限定解禁」「The 衝撃映像2」) | トップページ | 正直ちょっと残念(「恋の罪」 園子温監督) »

2012年10月12日 (金)

第一回目受賞作としては弱いかな?(「慈しむ男」 荒井曜)

第一回ゴールデンエレファント賞という賞の受賞作荒井曜さんの「慈しむ男」を読みました。何でもこの賞は世界に通用するエンターテイメント小説を発掘していくというのが目的の賞だそうです。そんな大それた賞の一回目の受賞作なら読まないと!という事で読んでみました。結果は。。。。只のライトなクライム小説でした。冒頭の東京タワーの爆破というシーンこそエンターティメント性はありましたが、後は深みはそれ程ないまま最後まで突っ走ります。読みやすさは抜群ですが、本を沢山読んでいる人には内容は人物描写の掘り下げが薄すぎてちょっとガッカリするかな?コウノトリポストに捨てられた主人公の心の闇が今ひとつ浮かびあがってこないのが残念でした。何でも「闇閻魔」という作品と同時受賞だそうですが、そちらのほうが評判は良いみたいです。でも一回目の受賞作はもっとバーン!といかないと次が続かないですよね。あまりこの賞の話題を聞かないけどどうなんでしょうか?

|

« 本とにこれで最後!(「怖い動画 限定解禁」「The 衝撃映像2」) | トップページ | 正直ちょっと残念(「恋の罪」 園子温監督) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第一回目受賞作としては弱いかな?(「慈しむ男」 荒井曜):

« 本とにこれで最後!(「怖い動画 限定解禁」「The 衝撃映像2」) | トップページ | 正直ちょっと残念(「恋の罪」 園子温監督) »