« 視点は面白いが作品としては駄目(「THE 衝撃映像」) | トップページ | 久々の大傑作ゾンビ(「ゾンビ大陸 アフリカン」 ハワード&ジョン・フォード監督) »

2012年7月30日 (月)

イヤミスと言うそうな(「ふたり狂い」 真梨幸子)

最近私のお気にいりの女性作家・沼田まほかるさん。そして過去にお気にいりだった桐野夏生さん(最近の作品は今ひとつ)。そして今回読んだ真梨幸子さんなどの作風を今イヤミスと呼ぶそうです。読了後に嫌な気分になるからみたいです。まーその呼び名がいいかどうかは知りませんが、三人とも好きな作家さんではあります。今回は「ふたり狂い」という作品を読みました。この作品は心理学用語から想起されるキーワードを題材に書かれた8っの連作短編集です。タイトルは(エロトマニア・クレーマー・カリギュラ・デジャビュ・ゴールデンアップル・ホットリーディング・ギャングストーキング・フォリ ア ドゥ)の8タイトル。それぞれが何処かおかしい登場人物の話で、他の作品に出て来た登場人物が別の作品で脇役で出てきたり、前の話の詳細が別の話で分かったり、もの凄く凝った作りとなっています。真梨さん実力ありますね。デビュー作「孤虫症」から感じてましたが、ここまでとは想いませんでした。でも人間は時折自分が正常なのか、そうじゃないのか悩みますよね。他人をもの凄く憎んだり、嗜好が変わっていたり、性的な部分もしかりです。何が正常で何がそうでないのか?その境目に挑んだ作品だと思います。イヤミス。女性にしか書けない分野。そういった意味では女性の方が根が深いですね。

|

« 視点は面白いが作品としては駄目(「THE 衝撃映像」) | トップページ | 久々の大傑作ゾンビ(「ゾンビ大陸 アフリカン」 ハワード&ジョン・フォード監督) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イヤミスと言うそうな(「ふたり狂い」 真梨幸子):

« 視点は面白いが作品としては駄目(「THE 衝撃映像」) | トップページ | 久々の大傑作ゾンビ(「ゾンビ大陸 アフリカン」 ハワード&ジョン・フォード監督) »