« タランティーノ&ロドリゲスに認められた男(「HOBO with A SHOTGUN) | トップページ | 隠れた名曲を世に出す(「Boys Don’t Cry」 Rumer) »

2012年6月25日 (月)

(お)でなくて(を)の訳(「きみはポラリス」 三浦しをん)

「舟を編む」が大評判の三浦しをんさんの短編集「きみはポラリス」を読みました。しをん作品は見つけたら総て読破しています。初期作品にノックアウトされた身としては最近の作品は今ひとつ。でも私の感想に反して売り上げ人気はドンドンUPしてるので複雑な気分です。今回の作品は初期作品から最近の作品まで集められた短編集。恋愛がベースと言っていいと思う作品が散りばめられています。切ない話から、ダークな話し。ミステリー色の強い作品もあって飽きさせません。初期作品が好きな私には好感触な作品も幾つかあります。しをんさんの作品はストーリーを楽しむというよりか、文章表現を楽しむタイプ。特に初期作品にはその傾向がみられます。今回もグッと来る表現が所々に散りばめられていました。短編なんで良い作品悪い作品含めてなんで好みの分かれる感じですかね。なので個人的な評価は避けますが好きな感じではあります。続いて「舟を編む」を読みます。

|

« タランティーノ&ロドリゲスに認められた男(「HOBO with A SHOTGUN) | トップページ | 隠れた名曲を世に出す(「Boys Don’t Cry」 Rumer) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149842/55050784

この記事へのトラックバック一覧です: (お)でなくて(を)の訳(「きみはポラリス」 三浦しをん):

« タランティーノ&ロドリゲスに認められた男(「HOBO with A SHOTGUN) | トップページ | 隠れた名曲を世に出す(「Boys Don’t Cry」 Rumer) »