« 心地よいオールドミュージック(「Strictly Romancin’」 Catherine Russell) | トップページ | うさぴょんは怖くない(「ラビット・ホラー」 清水崇監督 »

2012年5月 7日 (月)

僧侶ならではの独特な世界観(「アミダサマ」 沼田まほかる)

沼田まほかるさんの「アミダサマ」を読みました。沼田作品はホラーサスペンス大賞作「九月が永遠に続けば」以来です。でも忘れていたわけでは全く無く。古本屋では常に探していたんですが運悪く見つからなかった作家さんの一人です。そんな間にドンドン売れっ子作家のなっていました。友人から借りて要約読む事が出来ました。主人公は二人。普通のサラリーマンの若者とお寺の住職。何者かの声にひかれて野原に捨てられている冷蔵庫に二人同時に導かれます。その中には何と一人の少女が捨てられていました。住職が引き取り育てる事になるんですが、何故か住職は若者に二度とこの子を会わせてはいけないと思い嘘をつき会わせません。そこからが若者の章と住職の章と別れて話は進みます。そしてまた何かに導かれるように少女と若者は出会います。その間にお寺では得体の知れない何かにより不穏な空気に包まれています。果たして少女は何なのか?若者と少女の関係は?といった感じの内容です。作者は僧侶だそうで、宗教的要素の強い内容となっています。独特の世界観は相変わらず素晴らしいですが、エンディングが今ひとつかな?そこまでは面白かったので。大藪春彦賞受賞の「ユリゴコロ」を早く読んでみたいです。まだ沼田作品未読の方はデビュー作の方をオススメします。

|

« 心地よいオールドミュージック(「Strictly Romancin’」 Catherine Russell) | トップページ | うさぴょんは怖くない(「ラビット・ホラー」 清水崇監督 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 僧侶ならではの独特な世界観(「アミダサマ」 沼田まほかる):

« 心地よいオールドミュージック(「Strictly Romancin’」 Catherine Russell) | トップページ | うさぴょんは怖くない(「ラビット・ホラー」 清水崇監督 »