« 3月最後のラジオ | トップページ | JAZZが生き残るのはこの方向か!(「BITCHES」 NICHOLAS PAYTON) »

2012年4月 1日 (日)

安定感は出たが、色合いは薄れた(「粘膜兄弟」 飴村行)

飴村行さんの粘膜シリーズ代三段「粘膜兄弟」読みました。角川ホラー小説で賞を受賞してデビューした時、まさかこの粘膜がシリーズ化するとは思っていませんでした。相変わらずの奇妙な世界観。そして時代は日本の昭和初期。その辺りの設定は一貫しています。今回も前作に登場した蜥蜴人間(アルピノ)が登場します。シリーズを続けて読んでる人間にはワクワクします。そして続編が出るたびに筆力はUPしてるし、俄然読みやすくなってます。やはり何作も書くと手馴れてくるんですね。が!マイナスも出てきてます。恐るべき異質な世界観とパワーを感じたデビュー当時からすると何か普通の作品になってきてる気がします。悪い事ではないんですが、粘膜シリーズはそうでないほうがいいと思います。別の作品で普通の作品を書いて、粘膜シリーズはぶっ飛んでいて貰いたいものです。

|

« 3月最後のラジオ | トップページ | JAZZが生き残るのはこの方向か!(「BITCHES」 NICHOLAS PAYTON) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 安定感は出たが、色合いは薄れた(「粘膜兄弟」 飴村行):

« 3月最後のラジオ | トップページ | JAZZが生き残るのはこの方向か!(「BITCHES」 NICHOLAS PAYTON) »