« 最後のラジオ(FM豊橋) | トップページ | 只のコメディーかと思うとやられる映画(「SUPER」 ジェームズ・ガン監督) »

2012年4月30日 (月)

タイトルが違えばもっと早く読んでたかも?(「最愛」 真保祐一)

真保祐一さんの「最愛」を読みました。ここ最近上下巻に渡る超大作ばかりだったので、久々の小品です。しかもタイトルからして完全なる恋愛小説。だってハードカバーの色合いもバラ色で、甘~い恋愛小説以外考えられない見た目。なので暫く読むのを避けていた一冊でした。でも読んでみて驚き。ちゃんとミステリーしてます。でもデビュー当時~名作「奪取」辺りの勢いと、事細かな文章表現は影を潜めて、昔出る本総てに食いついてた自分としては寂しい限り。内容も悪くはないですが、真保さんの作品と思うとレベル低い気がします。まー評価は皆さん自分で読んで決めてください。印象に残った表現をひとつ。(四角い紙の切れ端を差し入れただけの表札。それが僕には失われたパズルのワンピースに見えた)この表現にはぐっと来ました。読み進めた上でないと分からないですけどね。

|

« 最後のラジオ(FM豊橋) | トップページ | 只のコメディーかと思うとやられる映画(「SUPER」 ジェームズ・ガン監督) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タイトルが違えばもっと早く読んでたかも?(「最愛」 真保祐一):

« 最後のラジオ(FM豊橋) | トップページ | 只のコメディーかと思うとやられる映画(「SUPER」 ジェームズ・ガン監督) »