« 不覚にも風邪をもらったラジオ(FM豊橋) | トップページ | 若くして枯れた味わい(「Breath」 清水ちえ) »

2012年2月18日 (土)

評判程では無いかな?(「悪の経典」 貴志祐介)

このミスで一位だった貴志祐介さんの「悪の経典」を要約読みました。表向きは生徒に大人気の熱血教師だが、その裏の顔はサイコパス。自分の邪魔になりそうな人間は、何の疑問も無く殺ししまいます。天才的な頭脳で総てを隠蔽して行きますが、遂に大量虐殺という展開に!という物語。まー漫画みたいな内容です。上下巻ビッシリの作品ですが、メチャクチャ読みやすくあっさり読了しました。前半は本当に面白いです。あっけらかんと人を殺したり貶めたりする主人公の手際のよさ、そしてそれが陰湿ではなく妙に明るい。それこそサイコパスと呼ばれる所以かもしれませんが・・。流石貴志さん!と思っていたんですが、後半はいただけない。大量殺人が始ってからは、急にテンションが下がります。今までこれだけ上手に隠蔽してきた主人公が、あの虐殺は無いだろうと突っ込みたくなります。そして生徒があれだけカンの鋭い人ばかりというものも疑問です。なので個人的には世間が騒ぐほどの傑作には感じませんでした。貴志さんならもっと良い作品書けますもんね。でも今時の若者がすきそうな作品であるのは間違いないです。

|

« 不覚にも風邪をもらったラジオ(FM豊橋) | トップページ | 若くして枯れた味わい(「Breath」 清水ちえ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 評判程では無いかな?(「悪の経典」 貴志祐介):

« 不覚にも風邪をもらったラジオ(FM豊橋) | トップページ | 若くして枯れた味わい(「Breath」 清水ちえ) »