« 完全に秋のラジオ(FM豊橋) | トップページ | 縁で生きる(「お金ではなく、人のご縁ででっかく生きろ!」中村文昭) »

2011年10月 1日 (土)

青春ファンタジー(「偉大なる、しゅららぼん」 万城目学)

人気作家万城目学さんの「偉大なる、しゅららぼん」を読みました。万城目さんの作品はこれが初です。「鴨川ホルモー」「鹿男あおによし」は映画化やTVドラマ化されて一気に人気の出た作家さんですね。自分の得意な感じの作風の人ではなさそうなんで、今まで読むのをためらっていましたが、お客さんに借りたので読んでみました。主人公は琵琶湖の辺に住む超能力を持つ一族の少年。設定はファンタジーですね。でも内容は青春譚でもいいましょうか?とても爽やかな小説でした。何か上手くストーリーを紹介できない話なので、割愛させてもらいます。では感想はというと、やはり私にはちょっと合わない作家です。読みやすいし、苦痛に感じませんが、何か世界感には嵌れません。自分の年齢もあるのかもしれませんが、はまり込む要素を感じ取る事が出来ませんでした。一般的な人には人気あるので、いい作家さんだと思います。

|

« 完全に秋のラジオ(FM豊橋) | トップページ | 縁で生きる(「お金ではなく、人のご縁ででっかく生きろ!」中村文昭) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 青春ファンタジー(「偉大なる、しゅららぼん」 万城目学):

« 完全に秋のラジオ(FM豊橋) | トップページ | 縁で生きる(「お金ではなく、人のご縁ででっかく生きろ!」中村文昭) »