« 台風直撃のラジオ(FM豊橋) | トップページ | 本当に6000円で映画が撮れるものなのか?(「コリン LOVE OF THE DEAD」 マーク・プライス監督) »

2011年9月23日 (金)

力を抜いた作品(「アイドル・ワイルド!」 花村萬月)

大好きな作家花村萬月さんの新作「アイドル・ワイルド!」を読みました。主人公は沖縄生まれの美青年(白人と黒人と日本人の血が混ざっています)。誰もが羨むような美形ですが、心は冷めています。実の母親を殺し、自分に向かってくる厄介な人は総て殺してしまうという漫画みたいな人物です。しかし彼が東京から来た一人の女性と出会い、色んな事が変わり始めます。二人は来るまで北海道まで旅をする事決めます。その道中に色々な出来事があります。果たして旅の果てにある運命は・・・。まー全体通して読めば何時もの萬月節ですが、かなり薄味です。その上予定調和を目指すあまり、後半は怒涛のスピードで、何か肝心な部分が上手く書ききれていない気がします。方の力をぬいた作品というところでしょうか?萬月初心者向け作品です。印象に残った言葉を。(認識ってのは知識に近いんだ。けれど知識っていうのは結果である。だから知識は(中略)自分のもののような話でする事が出来る。知識にはどうしても愚かしさがある)本や人の話で得る知識は、知識の枠を超えず自分の体験で得た認識にはならないということ。本で得た知識には聞きかじっただけで、自分で体験した実がない。なので卑しさがあるんですね。成る程と思える一文でした。私も気をつけないと、と心に響きました。

|

« 台風直撃のラジオ(FM豊橋) | トップページ | 本当に6000円で映画が撮れるものなのか?(「コリン LOVE OF THE DEAD」 マーク・プライス監督) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 力を抜いた作品(「アイドル・ワイルド!」 花村萬月):

« 台風直撃のラジオ(FM豊橋) | トップページ | 本当に6000円で映画が撮れるものなのか?(「コリン LOVE OF THE DEAD」 マーク・プライス監督) »