« 暑さが猛り狂うラジオ(FM豊橋) | トップページ | 欠けたものは埋まらない(「カケラ」 安藤モモ子監督) »

2011年8月12日 (金)

事実は小説より奇なり、折原一は事実より奇なり(「追悼者」 折原一)

久々に折原一さんの著書を堪能しました。折原さんといえば叙述トリックの第一人者と言われる作家さんです。今回のテーマは実際に起こった東電OL殺人事件を元にして書かれた小説です。題して「追悼者」です。~者は折原さんのシリーズものですね。昔は必ずこのシーズは読んでいたんですが、久々に読みます。東電OL殺人事件は未だに謎の多い事件。事実が深い闇なんで小説がそれを超えられるかどうか不安でしたが、折原さんは見事にやってくれました。勿論犯人や謎解きの部分は折原さんの創作部分ですが、見事にやられました。複雑に張り巡らされた複線。意味も分からないまま差し込まれる犯人の独白の幕間。どんどんミスリードされていきます。そして後半で分かる怒涛の真実の展開!おじさん一本取られました。久々に全盛期の折原作品と同レベルの面白さでした。東電OL殺人事件は流行りなんでしょうか?園子温監督も題材に映画を撮影したし、現実世界でもDNA判定の話題で持ちきりです。何年も前の事件が世間を騒がせるとは、やはりそれ程のレベルの謎がある事件だったんですね。

|

« 暑さが猛り狂うラジオ(FM豊橋) | トップページ | 欠けたものは埋まらない(「カケラ」 安藤モモ子監督) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 事実は小説より奇なり、折原一は事実より奇なり(「追悼者」 折原一):

« 暑さが猛り狂うラジオ(FM豊橋) | トップページ | 欠けたものは埋まらない(「カケラ」 安藤モモ子監督) »