« 盛夏のラジオ(FM豊橋) | トップページ | 人の冷たさと優しさ(「春との旅」 小林政広) »

2011年7月16日 (土)

これはなんて原始的で、孤独なスポーツなんだろう(「風が強く吹いている」 三浦しをん)

今更ながら三浦しをんさんの「風が強く吹いている」を読み終わりました。「まほろば~」で直木賞も受賞したし、この作品は映画化もされたんで、一番勢いのある時期の一冊です。簡単に言うと、素人も含めた同じ下宿に住む10人が箱根駅伝を目指すという青春スポ根ものです。ネタバレになりますが、結果駅伝に出場出来るんですが、ありえねーという事満載です。まー小説なんでその辺りは目を瞑るとして、一気読み出来る面白い内容です。映画向きであるのも読んでる段階で感じます。でも初期の三浦作品にある、文章の美しさや、繊細な表現は全くありません。ここ最近必ずそんな印象を持つので、もうコチラが本筋と思ったほうがいいんでしょうね。そう考えれば十分楽しめるエンターティメント小説です。印象に残った言葉を「長距離選手に対する、一番の褒め言葉がなにか分かるか?速い、ですか?いいや。(強い)だよ」含蓄のある言葉です。速いだけでは勝てないんですよね。強い。この言葉はマラソンだけでなく、仕事や総ての人生に通じる言葉だと思います。私も(強く)ならないと・・・。

|

« 盛夏のラジオ(FM豊橋) | トップページ | 人の冷たさと優しさ(「春との旅」 小林政広) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: これはなんて原始的で、孤独なスポーツなんだろう(「風が強く吹いている」 三浦しをん):

« 盛夏のラジオ(FM豊橋) | トップページ | 人の冷たさと優しさ(「春との旅」 小林政広) »