« 一番の衝撃は次回告知(「ほんとにあった!呪いのビデオ41」) | トップページ | 一瞬にして部屋がLIVE会場(「THE OTHER SIDE OF MIDNIGHT Live in New Orleans」 GALACTIC) »

2011年6月12日 (日)

企画としては面白いが・・・(「箱庭図書館」 乙一)

乙一さんの最新作「箱庭図書館」を読みました。乙一作品めちゃくちゃ久しぶりだな~。多分「銃とチョコレート」という子供向けニステリーシリーズの一冊を読んだのが最後のような気がします。さて今回の乙一作品ですが、何と企画小説(?)なんです。どういう企画かというと素人の書いたボツ小説を乙一さんがアレンジして完成させるという企画。題して(オツイチ小説再生工場)と言うそうです。なので小説の原案を考えたのは素人です。とはいってもアレンジするに値する作品を選んでいるので、それ程酷い作品がある訳ではありません。普通にサクッと読める短編集となっています。どの作品も平均点レベルですが、やはり統一感にかける気がします(当然ですが)。そしてオツイチ色もかなり薄め。毒もダークな風味も殆どなく、青春系の話の印象です。この企画自体は面白いと思いますが、乙一さんがやる必要があったのかどうかは疑問です。一作ずつ別の作家が担当したらもっと面白かったのかもしれませんね。なのでそれ程お薦めはしません。

|

« 一番の衝撃は次回告知(「ほんとにあった!呪いのビデオ41」) | トップページ | 一瞬にして部屋がLIVE会場(「THE OTHER SIDE OF MIDNIGHT Live in New Orleans」 GALACTIC) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 企画としては面白いが・・・(「箱庭図書館」 乙一):

« 一番の衝撃は次回告知(「ほんとにあった!呪いのビデオ41」) | トップページ | 一瞬にして部屋がLIVE会場(「THE OTHER SIDE OF MIDNIGHT Live in New Orleans」 GALACTIC) »