« POVの成功例だが今ひとつスッキリしない(「SHOT」 グスタフ・クルナンデス監督) | トップページ | 祭りだ!祭りだ!(「ライブ・アット・フィルモア」 TOWER OF POWER) »

2011年5月 8日 (日)

新境地ではあるが完成形ではない(「花の鎖」 湊かなえ)

湊かなえさんの「花の鎖」を読みました。デビュー作「告白」の大ヒットを受けて、その後の作品総てに大ドンデン返しやドロドロしたものを求められ、読む作品総てが同じ読了感でした。もう読むのいいかな?と思っていた矢先に、友人から新作を借りました。帯にも湊かなえの新境地とあるので早速読んでみました。三人の女性の視点で話が進みます。そこに絡む「K」という謎の人物。果たしてKとは誰なのか?そして三人の女性の繋がりとは?王道ミステリーです。何時もの通りラストで総ての謎が解き明かされ、読者は衝撃を受けるという作り。この辺りは何時もの通りですが、全体通しての印象は非常に柔らかい感じ。感動も少し散りばめられていて今までとは違うという雰囲気をかもし出しています。変化があったのはもの凄く大歓迎なんですが、スキッと感が無い!今一つオチが分かりにくいのが残念。私の理解力が足りないだけかもしれませんが、良く分からん終わり方でした。

|

« POVの成功例だが今ひとつスッキリしない(「SHOT」 グスタフ・クルナンデス監督) | トップページ | 祭りだ!祭りだ!(「ライブ・アット・フィルモア」 TOWER OF POWER) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新境地ではあるが完成形ではない(「花の鎖」 湊かなえ):

« POVの成功例だが今ひとつスッキリしない(「SHOT」 グスタフ・クルナンデス監督) | トップページ | 祭りだ!祭りだ!(「ライブ・アット・フィルモア」 TOWER OF POWER) »