« とりあえずはおめでとう(「マッドネス・ヒル」 G・キャメロン・ロメロ監督) | トップページ | さらっと聞かせるが、実は超名盤(「HoSoNoVa」 細野晴臣) »

2011年5月13日 (金)

続編は外さない(「脳男2 指し手の顔」 首藤瓜於)

「脳男」で江戸川乱歩賞を受賞でデビューした首藤瓜於の続編「脳男2 指し手の顔」を読みました。上下段ビッチリの厚い本です。衝撃的なデビュー作は良かったんですが、その後の作品はイマイチの印象ばかり。もう駄目かな~と勝手に思っていたところに、この続編登場!最近の印象があったので読むのを躊躇していましたが、要約読んでみました。そしたらどうでしょう!とまらない程面白いではないですが!別段新しい点はないですが、物語として非常に読みやすく、先が気なる展開でした。脳男こと鈴木という存在は余り前面には出てこないという点も逆に斬新で良かったのかもしれません。終わり方は完全に続編ありの終わり方。次回作は脳男が前面に出て活躍しそうな予感です。いや~復活してくれて良かったです。三作目もかなり期待していますよ!

|

« とりあえずはおめでとう(「マッドネス・ヒル」 G・キャメロン・ロメロ監督) | トップページ | さらっと聞かせるが、実は超名盤(「HoSoNoVa」 細野晴臣) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 続編は外さない(「脳男2 指し手の顔」 首藤瓜於):

« とりあえずはおめでとう(「マッドネス・ヒル」 G・キャメロン・ロメロ監督) | トップページ | さらっと聞かせるが、実は超名盤(「HoSoNoVa」 細野晴臣) »