« 3月最後のラジオ(FM豊橋) | トップページ | もう何でもあり(「プレデターズ」) »

2011年4月 1日 (金)

安定感も続くとちょっと(「ばんば憑き」 宮部みゆき)

出す本何でも売れる宮部みゆきさんの最新作「ばんば憑き」を読みました。本人はどう思っているか知りませんが、今や売り上げ&地位共に大先生的な存在です。でもここ最近それ程面白いと思う作品に出会えないのがちょっと物足りないです。特に現代モノやファンタジーは酷い・・・。唯一時代劇モノは安定感があり面白く感じます。さてそんな安定感ある時代物の短編集がこの本です。「怪」に連載された作品を中心に揃えられています。中には過去の宮部作品である(あんじゅう)や(日暮し)の登場人物も出てきて、宮部ファンには堪らない感じでしょう。想像通り読みやすく、それなりに面白かったです。が!これでいいのか?何かある時期からチャレンジをやめている気がします。桐野夏生さんが新しい試みに次ぎ次とチャンレンジし続けている姿を考えると余計にそう感じてしまいます。宮部さん昔のあのパワフルな現代作品をもう一度お願いします。2年くらいかかってもいいので・・。最後に印象に残った言葉を。「分かれるけれど、消え失せはしない。亡き人びとはこの世を離れて、だからこそ永遠のものとなるから」宮部さんは、この世に彷徨う悲しみを物語で、あの世に送っているんでしょう。

|

« 3月最後のラジオ(FM豊橋) | トップページ | もう何でもあり(「プレデターズ」) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 安定感も続くとちょっと(「ばんば憑き」 宮部みゆき):

« 3月最後のラジオ(FM豊橋) | トップページ | もう何でもあり(「プレデターズ」) »