« 中澤先生お別れのラジオ(FM豊橋) | トップページ | これは小説か?(「閃光」 永瀬隼介 ) »

2011年2月10日 (木)

根っこにあるのはホラー魂(「赤々煉恋」 朱川湊人」

朱川湊人さんの初期の短編集「赤々煉恋」を読みました。朱川さんの作品はデビュー作から大好きで読んでますが、こんな短編集が出てるとは知りませんでした。朱川さんの作品の魅了はノスタルジックホラーと言う分野。不思議でちょっと怖い話なんですが、どこかで郷愁を感じる優しい味つけが持ち味。早々と直木賞も受賞した稀有な作家さんです。個人的にもそのノスタルジックホラーが大好きで愛読してます。しかしこの短編集はちょっと毛色が違います。今までの朱川作品にはない本当の怖さがあります。もしかしたらこれが本当の朱川さんなのか?と思うくらい怖さの質が凄いです。ノスタルジック系の朱川さんしか知らない人には少しトラウマになるかもです。私は両刀使いなんで全然OKでした。一部の人間には超お薦め。朱川さんファンには、ちょっと読む人を選ぶかもしれませんね。

|

« 中澤先生お別れのラジオ(FM豊橋) | トップページ | これは小説か?(「閃光」 永瀬隼介 ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 根っこにあるのはホラー魂(「赤々煉恋」 朱川湊人」:

« 中澤先生お別れのラジオ(FM豊橋) | トップページ | これは小説か?(「閃光」 永瀬隼介 ) »