« 根っこにあるのはホラー魂(「赤々煉恋」 朱川湊人」 | トップページ | ゾンビ映画史上最高の収入(「ゾンビランド」 ルーベン・フライシャー監督) »

2011年2月11日 (金)

これは小説か?(「閃光」 永瀬隼介 )

ノンフィクション作家出身の永瀬隼介さんの「閃光」を読みました。三億円事件をベースにした話で映画化もされています。三億円事件とグリコ・森永事件は戦後未解決の事件としては非常に興味のある題材なんで、私はノンフィクションを何冊も読んでいます。非常に面白い題材ではあるんですが、それを作品にするのは結構危険な題材でもあります。さて元々がノンフィクション分野から作家になった永瀬さんはどう処理してくれるのか、非常に興味深々で読みました。まー面白くない事はないです。しかし殆どがノンフィクションの本で読みつくした事実ばかり。真犯人というか、女性の存在と、犯人グループを殺害して周る存在が作者の創作と言う事になります。その部分を除けば殆ど真実として語られている部分。これは小説と言っていいのだろうか?初めて三億円事件の内容に触れた人には、非常に驚きと面白さに溢れて居ると思いますが、ノンフィクションを読んだ人にはもう少し驚きが欲しかったかもしれませんね。でも私が生まれた頃の事件なんで、若い世代は知らない人が殆ど。そういう方には驚きでしょうね。

|

« 根っこにあるのはホラー魂(「赤々煉恋」 朱川湊人」 | トップページ | ゾンビ映画史上最高の収入(「ゾンビランド」 ルーベン・フライシャー監督) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: これは小説か?(「閃光」 永瀬隼介 ):

« 根っこにあるのはホラー魂(「赤々煉恋」 朱川湊人」 | トップページ | ゾンビ映画史上最高の収入(「ゾンビランド」 ルーベン・フライシャー監督) »