« 三寒四温のラジオ(FM豊橋) | トップページ | 所詮人の世は幻(「完全なる首長竜の日」 乾緑郎) »

2011年2月17日 (木)

スピンオフ的作品(「西巷説百物語」 京極夏彦)

もう何も説明の要らない作家京極夏彦「西巷説百物語」を読みました。又市という仕事人(?)が活躍するシリーズですが、今回の主になる仕事人は又市の相棒の林蔵という人物です。そのせいか知りませんが、仕掛けの規模も何かこじんまりしてるし、憑き物が落ちる爽快感も全く感じられませんでした。残念。本家(京極堂)シリーズも止まってるし、その上書くたびに出来栄えが悪くなっていく状況を考えたら、このシリーズはまだ安定感があっただけに残念です。惰性で続編を書くのは辞めた方がいい良いと言う悪い見本ですね。唯一良かったのが、本の中に挟まれていた今までのこのシリーズの物語の舞台となった地図と、総ての登場人物の相関図。そして物語の時間軸がハッキリ分かる年表があった事です。これはこのシリーズをズーッと読んで来た人にはたまらないものがあるのではないでしょうか?その点しか評価できないのは残念ですが、印象的にはそこしか残りませんでした。残念。

|

« 三寒四温のラジオ(FM豊橋) | トップページ | 所詮人の世は幻(「完全なる首長竜の日」 乾緑郎) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スピンオフ的作品(「西巷説百物語」 京極夏彦):

« 三寒四温のラジオ(FM豊橋) | トップページ | 所詮人の世は幻(「完全なる首長竜の日」 乾緑郎) »