« 霜柱が立ちそうなラジオ(FM豊橋) | トップページ | 罪は一生拭えないものなのか?(「さよなら渓谷」 吉田修一) »

2010年12月16日 (木)

王様のブランチは薦め過ぎ(「掏り」 中村文則)

王様のブランチで絶賛!という帯びの本を読みました。中村文則さんの「掏り」(本当は り も漢字ですが出ません)です。中村さんは芥川賞を「土の中の子供」で受賞しています。既に読んでましたが、私にはどうにも良さが理解できなかった一冊でした。もう読むことはないと思った作家さんなんですが、今回の本はスリとうテーマと、先の帯びのコピーに興味を惹かれ読んでみました。しかしやはり良さがよく分からなかったというのが実感です。ツマラナイとまでは言いませんが、何か伝わるものがありません。芥川賞系の方は純文学タイプなんでエンターティメント性は期待してはいけない。では何を期待するのかというと、巧妙な文体や重厚なストーリーという点になると思います。しかし両方とも感じられなかったです。残念。本当に王様のブランチは絶賛したんだろうか?真偽の程はよく分かりませんが、ちょっとその他の本でも褒め過ぎの傾向ありますね。

|

« 霜柱が立ちそうなラジオ(FM豊橋) | トップページ | 罪は一生拭えないものなのか?(「さよなら渓谷」 吉田修一) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 王様のブランチは薦め過ぎ(「掏り」 中村文則):

« 霜柱が立ちそうなラジオ(FM豊橋) | トップページ | 罪は一生拭えないものなのか?(「さよなら渓谷」 吉田修一) »