« 目指したのは和製ゴッドファーザー(「悪の華」 新堂冬樹) | トップページ | ドタバタ度UP(「フィースト2/怪物復活」 ジョン・ギャラガー監督) »

2010年11月19日 (金)

二作目はこんなもの(「聖殺人者」 新堂冬樹)

予告通り本日は昨日紹介した新堂冬樹氏の「悪の華」の続編「聖殺人者」を紹介します(確か花村萬月の小説にも同じタイトルがありましたね)。正統な続編なので、あれから2年後の設定で話は始まります。2年もの間運良く何事も揉め事もなく日々を過している主人公ガルシアですが、やはり厄介事が彼を見逃してはくれません。蛇のような執念深いヤクザとの揉め事に巻き込まれます。その上前作でガルシアが殺したヤクザの弟が、イタリアからヒットマンを連れてきます。二つの組織と戦う事になったガルシアの運命は?といった感じです。まー前作とホボ同じテイストです。その上ページ数も短く、サクッと読めます。面白くない事はないですが、別段何と言う事もないです。三部作の真ん中は映画でも中途半端な感じが多いので、この作品も中休みといった感じでしょう。さーいよいよ三部作目はイタリアに戻り復讐を遂げるのでしようか?見つけたら読んでみますね。

|

« 目指したのは和製ゴッドファーザー(「悪の華」 新堂冬樹) | トップページ | ドタバタ度UP(「フィースト2/怪物復活」 ジョン・ギャラガー監督) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 二作目はこんなもの(「聖殺人者」 新堂冬樹):

« 目指したのは和製ゴッドファーザー(「悪の華」 新堂冬樹) | トップページ | ドタバタ度UP(「フィースト2/怪物復活」 ジョン・ギャラガー監督) »