« 急に気温が上がった日のラジオ(FM豊橋) | トップページ | 救いの無い作品(「主よ、永遠の休息を」 誉田哲也) »

2010年11月 4日 (木)

騙されて良かったとまでは思えない(「セカンド・ラブ」 乾くるみ)

乾くるみさんの「セカンド・ラブ」を読みました。毎度の事ながら帯びのコピーには「イニシエーション・ラブの衝撃再び」とあります。確かに「イニシエーション・ラブ」はそれ程衝撃的な作品であったのは事実ですが、何時までもその呪縛に縛られるの可哀想と思うのは私だけでしょうか?でも今回は正統的(?)な関連作というのは間違いなく、恋愛ミステリーの第二段という扱いです。物語は内気な主人公が一人の美しい女性と出会うことから始まります。自分には分不相応と思われる女性からのアピールもあり付き合い始めます。しかしある日彼女とそっくりのキャバ嬢と偶然出会う事から物語が急展開します。何でも子供の頃離れ離れになった双子だと。しかし彼女の方はその事実を知らない事から、主人公は両方の女性と付き合いだします。果たして最後に用意された大きな仕掛けとは、といった感じの内容です。後は読んでみてそれぞれで感じてみてください。個人的な読了感はそこそこでした。やはり名作「イニシエーション・ラブ」は超えてません。でも初めから騙しますよという前提で読者が読むわけですから、その高いハードルを背負いながらここまでの作品を書くのは立派です。読んで損は無いと思いますが、心を真っ白で読んだ方が純粋に楽しめると思います。

|

« 急に気温が上がった日のラジオ(FM豊橋) | トップページ | 救いの無い作品(「主よ、永遠の休息を」 誉田哲也) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 騙されて良かったとまでは思えない(「セカンド・ラブ」 乾くるみ):

« 急に気温が上がった日のラジオ(FM豊橋) | トップページ | 救いの無い作品(「主よ、永遠の休息を」 誉田哲也) »