« コミカルな一面を見せた意欲作(「恋する組長」 笹本稜平) | トップページ | 古い!旧い!ふる過ぎる!(「死霊の棲む森」 ダニエル・マイリック監督) »

2010年10月 1日 (金)

このシリーズに外れは無し(「数えずの井戸」 京極夏彦)

京極夏彦氏の「数えずの井戸」を読みました。この本は「哂う伊右衛門」「覘き小平次」に次ぎ、実際の怪談の京極解釈シリーズの第三弾です。タイトルから想像出来るように、番町皿屋敷がベースになった話です。ホラーか?と聞かれれば違う。何故かと言うとモノノケなど出てこないからです。そしてミステリーか?と聞かれても違う。謎解きなど存在しない。では何なのか?と聞かれると、見たもの起こった物をそのまま書き写した紀行とでも言いましょうか?しかしそこには明らかに不可思議で人知の及ばない何かが存在しています。常にジメジメして気の良くない庭にある井戸。その屋敷に絡んだ人間総てが不幸になっていきます。誰が悪いわけでも、何が起こったわけでもなく、ただその井戸の持つ負のオーラが人々を意味もなく闇に引きずり込んで行きます。それは底の見えない井戸と同じく、人間の心の闇が存在します。毎度の事ながらの弁当箱なみの厚さでしたが、面白くて一気読み出来ました。流石このシリーズは外れないです。本家京極堂シリーズが久しく出てないですが、そちらはイイのでこのシリーズを書いたほうが良いのではないでしょうか?

|

« コミカルな一面を見せた意欲作(「恋する組長」 笹本稜平) | トップページ | 古い!旧い!ふる過ぎる!(「死霊の棲む森」 ダニエル・マイリック監督) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: このシリーズに外れは無し(「数えずの井戸」 京極夏彦):

« コミカルな一面を見せた意欲作(「恋する組長」 笹本稜平) | トップページ | 古い!旧い!ふる過ぎる!(「死霊の棲む森」 ダニエル・マイリック監督) »