« 宗教とは民衆の阿片である(「GA☆SHIN!我・神」 花村萬月) | トップページ | 壮大になったけどパワーダウン(「怪談新耳袋 殴り込み 西日本編・東日本編」) »

2010年8月20日 (金)

やりたい事は分かる(「冥談」 京極夏彦)

酷暑の今年です。夏の風物詩の一つと言えば怪談。少しでも涼しくなるように昔は怪談話に華が咲いたそうな。京極夏彦氏の怪談集「冥談」を読みました。この作品集は怪談雑誌「幽」に掲載された短編と書き下ろしを集めた一冊です。まー順当な作品集ですね。純文学の様な文体で怖い話を書く。京極さんならではの挑戦です。一話目を読んだ時、これはもしかしたら物凄い傑作か?と心踊ったんですが、読み進める内にドンドンつまらなくなっていく。何故だろう?怖さよりも文体の難解さや分かりにくさの方がどうして鼻についてくる。京極さんのシリーズもの(京極堂シリーズ)の出だし似てるかな?面白くなるまでにどうしても時間のかかる京極作品。今回の短編集も面白くなる前に話が終わってしまう感じです。惜しいな~。よく作家の方が、長編より短編の方が何倍も書くのが難しいと言います。確かに短い文章で恐ろしさを伝える事は本気で大変だと思います。独特の世界観は楽しめますが、怖さや作品としての深みは感じられませんでした。残念。

|

« 宗教とは民衆の阿片である(「GA☆SHIN!我・神」 花村萬月) | トップページ | 壮大になったけどパワーダウン(「怪談新耳袋 殴り込み 西日本編・東日本編」) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やりたい事は分かる(「冥談」 京極夏彦):

« 宗教とは民衆の阿片である(「GA☆SHIN!我・神」 花村萬月) | トップページ | 壮大になったけどパワーダウン(「怪談新耳袋 殴り込み 西日本編・東日本編」) »