« 薄ぃ!薄すぎる(「TOKYO BLACKOUT」 福田和代) | トップページ | 未知との遭遇の発展系?(「THE 4TH KIND」 ミラ・ジョヴォヴィッチ) »

2010年8月 6日 (金)

ちょっと目先を変えた警察小説(「退職刑事」 永瀬隼介 )

相変わらずの警察小説ブーム。全く収まる気配を感じさせません。それにしてもいくら小説とはいえ、腐敗しきった刑事の状況ばかり書かれて、本物の警察からは苦情来ないのでしょうか?私なんかそんな小説ばかり読んでいるので、警察は腐敗していて当然みたいな認識を持ってます。これで大丈夫でしょうか?でも半分は正解なんでしょうね。さて前置きが長くなりましたが、本日紹介するのは永瀬隼介さんの「退職刑事」という一冊です。タイトル通り退職した刑事が総て主人公の短編集です。それ程期待して手に入れたわけではないのですが、これは結構当たりの一冊だと思います。退職した事で見えてくる警察の内部。そして如何に自分が刑事という職業に絡めとられて生きてきたかを何気ない日常の生活を触れ合わせる事で浮かび上がらせます。非常に上手いです。それぞれの話も味わいが違い飽きる事無く堪能出来ます。流行の警察小説とは少し目先が変わっていていいと思います。永瀬さんのってますね!長編も同時にGETしたので読むのが楽しみです。最後に印象に残った言葉を。(連続殺人犯イコール、モンスターという図式は映画や小説によって植え付けられた、誤った考えです。一生、殺人を犯す機会のなかった残忍な一般人のほうがはるかに多いのです)。私達人間は、心の中に残忍な芽を誰しも持っています。たまたまその芽を開かせる機会にあたらなかっただけで、ふとしたキッカケで自分でも想像の付かない罪を犯すのでしょう。非常に重い言葉でした。

|

« 薄ぃ!薄すぎる(「TOKYO BLACKOUT」 福田和代) | トップページ | 未知との遭遇の発展系?(「THE 4TH KIND」 ミラ・ジョヴォヴィッチ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ちょっと目先を変えた警察小説(「退職刑事」 永瀬隼介 ):

« 薄ぃ!薄すぎる(「TOKYO BLACKOUT」 福田和代) | トップページ | 未知との遭遇の発展系?(「THE 4TH KIND」 ミラ・ジョヴォヴィッチ) »