« 梅雨に入る前のラジオ(FM豊橋) | トップページ | タイトルに付けるほどの活躍無し(「TOKAGE 特殊遊撃捜査隊」 今野敏) »

2010年6月10日 (木)

この分野では敵は居ない(「いっぺんさん」 朱川湊人)

朱川湊人さんの「いっぺんさん」を読みました。「わくらば日記」以来久々の朱川作品です。朱川さんはノスタルジックホラーという分野で呼ばれる事が多いです。つまり何処か懐かしい郷愁を感じさせるホラー小説と言う事です。でもこの何だかなーという分類分けが実にその通りの作品群なんです。今回も短編集なんですが、朱川さんの魅力は短編にあるんでしょう。舞台はどの作品も平成ではなく昭和の香りがします。そして場所も都会ではなく寂れた漁村や人里はなれた田舎町。この設定だけでも懐かしく感じるんです。その上出てくる小物も昔懐かしい玩具だったりするんで、一気に気分は子供の頃にトリップします。そうなれば朱川ワールドの住人になってします。主人公の少年や登場人物に自分の気持ちがリンクし、泣けてくるんです。怖いとは正直それ程思わないですが、何か悲しかったり切なかったりは物凄く感じます。朱川さんが直木賞をとってから、似たような作風の新人がデビューしましたが、やはりこの分野は朱川さんにしか書けない世界観だと思います。非常に面白く読めました。

|

« 梅雨に入る前のラジオ(FM豊橋) | トップページ | タイトルに付けるほどの活躍無し(「TOKAGE 特殊遊撃捜査隊」 今野敏) »

コメント

七夕に『いっぺんさん」の朗読会を致します。
作品をお好きな方に、是非ご興味を持って頂きたく、唐突なお知らせをお許しください。
http://katarito.blog108.fc2.com/
ご来場いただけましたら、とっても光栄です。

投稿: | 2012年6月26日 (火) 23時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: この分野では敵は居ない(「いっぺんさん」 朱川湊人):

« 梅雨に入る前のラジオ(FM豊橋) | トップページ | タイトルに付けるほどの活躍無し(「TOKAGE 特殊遊撃捜査隊」 今野敏) »