« 六月のラジオ(FM豊橋) | トップページ | ちょっと色々と盛り込みすぎかな?(「虚像の砦」 真山仁) »

2010年6月 3日 (木)

ハチャメチャだけど筋は通っている(「さくらインテリーズ」 戸梶圭太)

戸梶圭太さんの作品を久々に読みました。タイトルを「さくらインテリーズ」といいます。戸梶作品の持ち味は、兎に角荒唐無稽というかハチャメチャな設定のもと話が進んでいきます。前回読んだのが刑務所を民営化して、そこで殺し合い覚悟の格闘技をなんかをやらせて金を儲ける話。ありえないけど、異常に面白く、その上人道上の事を顧慮に入れなければ物凄く良い案な気がしました。まともな国民の税金で罪人を養うシステムなんてもう必要ない気がします。畑でもやらせて自給自足してもらえばいいんです。話はそれましたが、今回の主人公達は総てホームレス。さくら公園という小さな公園を根城するホームレスが主人公。元学者だったり、そこそこの地位や頭をもった集団なんでインテリーズと自ら名づけてます。そのホームレスが巻き起こす事件を、スピード感溢れるテンポで描いてあります。彼らが行く先に偶然事件があるのか?はたまた彼らが行くから事件が起こるのか?よくは分かりませんが、兎に角行く先々で何か起こります。そして驚くことに主人公達でもその事件の度に死んで行ったりします。もうハチャメチャなんです。しかし何故か教訓めいた事が浮かびあがってくるから不思議です。平成世代の文学を代表するような作風です。細かい部分の記憶は余り残りませんが、何となく面白い不思議な作品でした。

|

« 六月のラジオ(FM豊橋) | トップページ | ちょっと色々と盛り込みすぎかな?(「虚像の砦」 真山仁) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハチャメチャだけど筋は通っている(「さくらインテリーズ」 戸梶圭太):

» 今までのビジネスの概念とは全く異なります!是非ご確認下さい。 [超利益確実獲得法]
目からウロコ!!〜24時間365日、好きな時間でOK、わずか2〜3日で現金回収可能な【超利益確実獲得法】 [続きを読む]

受信: 2010年6月16日 (水) 10時15分

« 六月のラジオ(FM豊橋) | トップページ | ちょっと色々と盛り込みすぎかな?(「虚像の砦」 真山仁) »