« そもそも近未来とは何時なのか?(「TOGIO・トギオ」 太郎想史郎) | トップページ | 本当にあった怖い話(「ブラック・ウォーター」) »

2010年5月 8日 (土)

作者の新機軸(「愛ならどうだ!」 新野剛志 )

ハードボイルド&クライムミステリー系の作品を出し続ける新野剛志さんの「愛ならどうだ!」を読みました。割とハードな作品を書く印象のあった作家さんなので、今回のはタイトルから???マークつきまくりでした。タイトルや表紙通り何時もの新野作品とは違いチョッと軽いコメディータッチの要素満載です。しかしベースにあるのは矢張りハードボイルド&クライムテイストです。両方楽しめるお得な作品と言った感じです。今までの作品総て読んでいますが、このテイストはなかったので作者の新機軸と言ったところでしょうか?この作風に対して異論があるファンも多いかと思いますが、私個人的には◎です。何時もの硬い作品も面白いですが、たまにはこういった肩の力を抜いた作品もレンジが広がった感じがして良いのではないでしょうか。読みやすくテンポも良いので一気読み出来ます。この作品を書いた事で今後の作品が更に良くなっていく気がします。そういった意味でのターニングポイント的な作品だと思います。

|

« そもそも近未来とは何時なのか?(「TOGIO・トギオ」 太郎想史郎) | トップページ | 本当にあった怖い話(「ブラック・ウォーター」) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 作者の新機軸(「愛ならどうだ!」 新野剛志 ):

« そもそも近未来とは何時なのか?(「TOGIO・トギオ」 太郎想史郎) | トップページ | 本当にあった怖い話(「ブラック・ウォーター」) »