« 3月最後のラジオ(FM豊橋) | トップページ | 学校推薦本風(「一瞬の風になれ イチニツイテ」 佐藤多佳子) »

2010年4月 1日 (木)

作品ごとに重厚になっていく(「新宿鮫 狼花」 大沢在昌 )

何だかんだ文句言いながら必ず読んでしまうのが大沢在昌氏の本です。中でも安定感が一番なのが出世作であり人気シリーズでもある「新宿鮫」です。今回シリーズ最新作の「新宿鮫 狼花」を要約読み終わりました。元々エンターテイメント色の強いハードボイルドというイメージのあったシリーズなんですが、作品が続くにつれて重厚なハードボイルド作品と変化をしてきています。無形人間で直木賞をとったあたりからでしょうか?この変化をガッカリする人も居ると思いますが、私は大歓迎です。只のアクション小説の粋を超えて、複雑な人間関係や警察内部の軋轢をじっくり描き出しています。昨今の警察小説ブームが大沢氏の作風にも変化を与えたのは間違いないでしょう。でも流石本家です。読ませる話を書いてきます。流石このシリーズは外さないですね。正直他の作品が今ひとつドッチラケのイメージのある大沢氏です。個人的には「新宿鮫」シリーズだけではいいのでは?と思いますがそういう訳にはいかないのでしょう。さて次作も連載中です。物凄く楽しみです。

|

« 3月最後のラジオ(FM豊橋) | トップページ | 学校推薦本風(「一瞬の風になれ イチニツイテ」 佐藤多佳子) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 作品ごとに重厚になっていく(「新宿鮫 狼花」 大沢在昌 ):

« 3月最後のラジオ(FM豊橋) | トップページ | 学校推薦本風(「一瞬の風になれ イチニツイテ」 佐藤多佳子) »