« 春は直ぐそこ(竹の子の会) | トップページ | 遂に再発(「ファンハウス 惨劇の館」 トビー・フーパー監督) »

2010年3月 5日 (金)

甘美な日本語の世界を堪能出来る作品(「雷の季節の終わりに」 恒川光太郎)

日本ホラー小説大賞を「夜市」で受賞しデビューした恒川光太郎さんの二作目にして初長編「雷の季節の終わりに」を読みました。この後に出た短編集「秋の牢獄」は既に読んでいますが、長編を読むのはこれが初めてです。どの作品にも共通しているのは、現実は違う不可思議な世界の物語という点です。今回も穏という現実世界とは違う場所が物語の舞台となっています。物語の内容としてはそれ程驚くべき話ではないのですが、兎に角紡ぎ出す文章の綺麗さにただただ酔いしれてしまいます。新しい作品なのに、読んでいると古典作品を読んでいるかのような錯覚に陥ります。しかし決して古臭い感じではなく、どこか郷愁を感じさせ、日本語の持つ独特の色気さえも香り立ってきます。こういった文章を書ける人は他には中々見当たりません。恒川さんは稀有な存在です。以前恒川さんを紹介した時も書きましたが、必ず直木賞とる作家さんだと思っています。今回はそれを更に確信しました。デビュー二作目のこの作品で山本周五郎賞の候補にもなっています。ひとつだけ惜しいなーと思うのは、現実世界が舞台になる後半の味わいが今ひとつ薄いんです。展開的にラストに行くほど収束してしまうのは残念です。その点を除けば良い本だと思います。

|

« 春は直ぐそこ(竹の子の会) | トップページ | 遂に再発(「ファンハウス 惨劇の館」 トビー・フーパー監督) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 甘美な日本語の世界を堪能出来る作品(「雷の季節の終わりに」 恒川光太郎):

« 春は直ぐそこ(竹の子の会) | トップページ | 遂に再発(「ファンハウス 惨劇の館」 トビー・フーパー監督) »