« 小春日和のラジオ(FM豊橋) | トップページ | そもそもこれを小説と呼んでいいのか?(「ディスカスの飼い方」 大崎善生) »

2010年2月25日 (木)

人を欺くのは何故こんなに楽しい(「T.R.Y 北京詐劇」 井上尚登 )

ドッキリ番組を含め、人が騙される姿を見るのは面白い(犯罪的な騙しは別ですよ)。やはりそこにはリアルなリアクションが存在するからだと思います。井上尚登さんの「T.R.Y 北京詐劇」を読み終えて、興奮冷めやらない気持ちのままそう思いました。この作品は井上さんのデビュー作「T.R.Y」の続編です。勿論デビュー作もその当時読んでいて、ワクワク・ドキドキしたのを物凄く憶えています。織田裕二での映画化はガッカリでしたが、デビュー以降何作も井上さんの他の作品を読みましたが、残念ながらこれを超える作品とは出会っていないです。大好きな作品の続編なのでズーッと読みたかったんですが、要約読む事が出来ました。さて今回の主人公も伊沢修という詐欺師。詐欺師と聞くと悪人のイメージが沸くのですが、伊沢の場合は何故かそういったイメージが沸かない。非常に頭がよく魅力的な存在に感じます。この辺りもこのシリーズの魅力なんでしょう。一応前作を読んで無くても内容的には問題ないですが、本筋とは違う細かい点は読んでおいた方が楽しめると思います。今回騙す相手は何と遠世凱です。こうかくと歴史の難しい背景を知らないと楽しめないかと思われますが、全く心配なしです。読み始めたら止まる事無く最後まで一気読みしてしまいました。大満足とまではいかないですが満足です。大満足と言えないのは前作より大ドンデン返しが弱かった事です。その点を除けば非常に面白かったです。人を欺くのは本当に面白い。ましてや相手が悪人だったら尚更です。映画「スティング」に嵌ったタイプの方にはお薦めです。

|

« 小春日和のラジオ(FM豊橋) | トップページ | そもそもこれを小説と呼んでいいのか?(「ディスカスの飼い方」 大崎善生) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人を欺くのは何故こんなに楽しい(「T.R.Y 北京詐劇」 井上尚登 ):

« 小春日和のラジオ(FM豊橋) | トップページ | そもそもこれを小説と呼んでいいのか?(「ディスカスの飼い方」 大崎善生) »