« 人を欺くのは何故こんなに楽しい(「T.R.Y 北京詐劇」 井上尚登 ) | トップページ | 第41回目日本酒の会の出品酒届きました!(木下酒造) »

2010年2月26日 (金)

そもそもこれを小説と呼んでいいのか?(「ディスカスの飼い方」 大崎善生)

大崎善生さんの「ディスカスの飼い方」をサクッと2時間で読了しました。大好きな作家さんなので期待して読んだのですが、正直ガッカリです。そもそもこれを小説と呼んでいいのだろうか?9割は本当にディスカスという飼育&繁殖の難しい熱帯魚の飼い方が書いてあるんです。そちらの分野に興味のある方には楽しめるかもしれませんが、正直興味の無い人間には辛いと思います。小説を書くにあたってその部分が非常に重要な要素を含むのであれば、多少は我慢しますが、正直それ程重要性を感じませんでした。思い起こせば確かに大崎のさんの初期作品には熱帯魚が登場します。だから本気で大崎さん自身は好きなんでしょうが、これを恋愛小説と銘打って出版するのはどうかと思います。いっそ専門書を書けばいいのにと感じました。ですから普段の大崎小説を期待する方は買う必要はないです。ハードカバーで定価で買ったらえらい損をします。熱帯魚好きには良いと思いますので、そちらの方面の方はどうぞ。

|

« 人を欺くのは何故こんなに楽しい(「T.R.Y 北京詐劇」 井上尚登 ) | トップページ | 第41回目日本酒の会の出品酒届きました!(木下酒造) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: そもそもこれを小説と呼んでいいのか?(「ディスカスの飼い方」 大崎善生):

« 人を欺くのは何故こんなに楽しい(「T.R.Y 北京詐劇」 井上尚登 ) | トップページ | 第41回目日本酒の会の出品酒届きました!(木下酒造) »