« 外人杜氏の醸す蔵元来店決定! | トップページ | 一体彼は何者だ?(「リビドヲ」 弐藤水流) »

2010年1月23日 (土)

ハドーボイルドミステリー(「月の見える窓」 新野剛志 )

ホームレスを経て「八月のマルクス」で江戸川乱歩賞を受賞し作家になった新野剛志さんの「月の見える窓」を読みました。私のブログでも過去に何冊か紹介した作家さんですが、その度にこの経歴を書いている気がします。しかし今後はいらないかもしれません。何故なら経歴などどうでも良いほどレベルが上がってきたからです。今回読んだこの「月の見える窓」を読み終わってその事を痛感しました。元々ミステリー色の強い作家さんですが、そこにハードボイルドの味付けを少々。その味付け具合が絶妙で、ストーリテーラーとしての才能を更に引き出しています。正直それ程気にしていた作家さんではなかったですが、今回は読みだしたら止まらない一気読みしてしまいました。難しい事は抜きにして面白い!と一声出てしまいます。もしかしたら直木賞ありえるかもしれない作家に育ってきた気がします。今後要注目です!

|

« 外人杜氏の醸す蔵元来店決定! | トップページ | 一体彼は何者だ?(「リビドヲ」 弐藤水流) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハドーボイルドミステリー(「月の見える窓」 新野剛志 ):

« 外人杜氏の醸す蔵元来店決定! | トップページ | 一体彼は何者だ?(「リビドヲ」 弐藤水流) »