« 良くも悪くもブルーズマンのええ加減さが味の映画(「RED HARP BLUES」 高橋正弥監督) | トップページ | 評判は伊達ではなかったです(「シャドウ」 道尾秀介 ) »

2010年1月16日 (土)

何故之ほどまでに評価が高い?(「ダブル・ジョーカー」 柳広司 )

昨年文学賞&このミスでも大評判だった柳広司さんの「ジョーカー・ゲーム」の続編「ダブル・ジョーカー」を読みました。前作の世間の手放しの好評価とは裏腹に、私の評価はそれ程高くなかった作品の続編だけに、今回はどうだろう?という挑戦めいた姿勢で読みはじめました。基本的には前作と同じ手触りです。昭和初期の戦争時代に活躍した日本のスパイの話を短編で幾つか綴ってあります。前作同様確かに日本人が主役のスパイ小説はあまり見ないと思うので、その辺りは斬新な気がします。前作の時に書いたのですが、スパイの親玉である結城大佐が物凄く魅力的な人物なんです、なので続編にはこの結城大佐をもっと前面に出してくれれば絶対私の評価も上がる!と書いてます。今回はその点にかなり重要なポイント置いてたんですが、残念ながら活躍がメインなのは1作品だけ。しかも伝説になった過去の話が中心でした。やはり個人的にはこの結城大佐エピソードが一番面白かったです。こればかりは好みでしかないんですが、その他の物語は世間の評判ほどワクワクや引き込まれる感じは無いです。でも2010年のこのミスでは再び2位という高評価。何故世間でこんなに評価が高いのだろう?二冊読んでも自分には理解が出来ません。理解する為に柳さんの作品を他にも読んでみます。

|

« 良くも悪くもブルーズマンのええ加減さが味の映画(「RED HARP BLUES」 高橋正弥監督) | トップページ | 評判は伊達ではなかったです(「シャドウ」 道尾秀介 ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 何故之ほどまでに評価が高い?(「ダブル・ジョーカー」 柳広司 ):

« 良くも悪くもブルーズマンのええ加減さが味の映画(「RED HARP BLUES」 高橋正弥監督) | トップページ | 評判は伊達ではなかったです(「シャドウ」 道尾秀介 ) »