« 2009映画総括 | トップページ | 今年最後のラジオ »

2009年12月29日 (火)

2009年本総括

さて2009年の総括も本日が最後です。最終日は本です。今年も100冊は軽く読んだでしょうか?ですが今年は不作。とても10作は上がらないので何とか8冊決めました。尚本も映画と同じく古本屋で購入が殆どなので昔の作品が殆どです。御了承下さい。

①生花の蜜/連城三紀彦 ベテラン健在!上手さでは群を抜いてました。

②ファミリー・ポートレイト/桜庭一樹 まるで自叙伝のような生生しさです。今年ナンバー1

③月光/誉田哲也  今年出会った作家さんの中では最大の収穫。

④ジウ/誉田哲也 三冊に渡る壮大なエンターティメント!抜群に面白かった!二作入賞

⑤ドイツイエロー、もしくはある広場の記憶/大崎善生 大好きな大崎さんです。他にも何冊か読みましたが、この作品が一番良かったです。

⑥IQ84/村上春樹 今まであまり好きではなかったんですが、これは面白かった。

⑦スプーン/森達也 この人のドキュメンタリーは映像だろう本だろうが抜群です。

⑧風に舞い上がるビニールシート/森絵都 今更ながら直木賞作品。でも納得の内容

以上が今年記憶に残った本です。結果好きな作家さんの過去の作品が多く入賞です。桜庭一樹さんの「ファミリー・ポートレイト」は中でも衝撃を受けた一冊です。世間の評価が低いのが残念で仕方ない程の傑作です。来年も(というか既に何冊か読んでます)、読んで読んで読みまくります。

     

 

|

« 2009映画総括 | トップページ | 今年最後のラジオ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2009年本総括:

« 2009映画総括 | トップページ | 今年最後のラジオ »