« 萬月エンターテイメントの集大成(「ワルツ」 花村萬月) | トップページ | 良くも悪くも基準線とならざる得ない存在(「THE FALL」 NORAH JONES ) »

2009年11月28日 (土)

困ったら時代物(「おそろし 三島屋変調百物語事始」 宮部みゆき)

ここ最近今ひとつの作品が続いている宮部みゆきさんの「おそろし 三島変調百物語事始」をサクッと一日で読了。昨日紹介した花村萬月が超大作で読み終わるのに時間がかかったので、物凄く早く読めた気になります。最近の宮部さんはゲーム好きが高じてか、ファンタージー系の物語が多い気がしますが、どれも私の肌には合わないんです。それに引きずられるかのように現代ミステリーもパワーが無くなった感じがします。その合間・合間に出る時代物が唯一レベルをキープしている感じがして仕方ありません。初めにこう書き出したんですから、今回のこの本も楽々標準レベルはクリアーしています。何時もの時代物と同じく、何気に始まった話を短編で描いて行き、知らす知らずの内に総ての話しが繋がっていき、最後には物凄く大きな事件へと繋がっていく展開です。これは宮部さんのお得意な手法です。今回も何の違和感も無く話が繋がっていき、本と上手いなーと実感させられます。テンポも良くサクッと読み終えれます。流石宮部氏です。ラストのオチはちょっとどうかな?という印象はありますが、十分堪能出来ました。最近は何か困ったら時代物みたいな感じがしてなりません。これはこれで面白いですが、やはり現代物の直球ミステリーをじっくり読んでみたいです。宮部氏ファンタジーはもう良いのでよろしくお願いします。最後に印象に残った言葉を。「背負ったものを言葉にし話として語りおろしたことで、おちかは自分の背にのしかかっているものの形を知る事が出来たと思う。それは確かに意味があった」この言葉は、何かから立ち直る時に必要な行為だと思います。辛くて大変だけど先ず自分の口で話し自覚し、悩みや過去に立ち向かう事で次のステップに行けるんですからね。私も早く駄目な自分と向き合わないとね。

|

« 萬月エンターテイメントの集大成(「ワルツ」 花村萬月) | トップページ | 良くも悪くも基準線とならざる得ない存在(「THE FALL」 NORAH JONES ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 困ったら時代物(「おそろし 三島屋変調百物語事始」 宮部みゆき):

« 萬月エンターテイメントの集大成(「ワルツ」 花村萬月) | トップページ | 良くも悪くも基準線とならざる得ない存在(「THE FALL」 NORAH JONES ) »