« ひとつのジャンルを確立しつつある作家(「わくらば日記」 朱川湊人) | トップページ | 久方ぶりのオリジナルアルバム(「BALM IN GILEAD」 RICKIE LEE JONES) »

2009年11月22日 (日)

コテコテだけど久方ぶりの好感触な一冊(「秋に墓標を」 大沢在昌 )

大沢在昌さんの「秋に墓標を」を読みました。毎回文句を言いながら読んでいる作家さんの一人なんですが、今回のは結構好感触な読了感でした。それは何故かと言うと久方ぶりに王道ハードボイルドだったからです。新宿鮫シリーズに代表される地味だけど無骨な王道を書かせたら非常に面白いのに、ここ最近は突飛ようしもない設定の話が多すぎます。やりたい事は分かるんですが、結果何時も中途半端な気がします。やはり餅は餅屋と言う事で、今回のガチガチの王道ハードボイルドであるこの作品は面白かったです。浮世を忘れた生活を海辺の別荘でする主人公、そこに突然登場する謎の美女。疑いながらも当然主人公は女性に惹かれていきます。そして女性の突然の失踪。その行方を追う為に忘れていた都会へと主人公は戻っていきます。そこからがCIAやマフィアが絡んできます。果たして彼女の抱える秘密とは?また主人公との恋の行方は?こんな感じの内容です。何の新しい点もないですが、その上設定は同作者の佐久間シリーズにあったような設定ですが、最後までワクワク読めます。やはり大沢氏は王道が似合います。本人も分かっていると思うんですけどね。これからもこの感じでお願いしたいです。最後に印象に残った言葉を。「人は自分が信じたいようにしか物事を信じる事が出来ない。一度信じてしまったものを覆すのは、ひどく大変です」確かにその通り!マーケティング理論でも自分で選ばせるというのは良くある手です。結局人間は自分が一番好きなんです。

|

« ひとつのジャンルを確立しつつある作家(「わくらば日記」 朱川湊人) | トップページ | 久方ぶりのオリジナルアルバム(「BALM IN GILEAD」 RICKIE LEE JONES) »

コメント


http://bisha.hun-kun.net/-tn47h7/
これ絶頂すぐるだろwwwwwwww

指で膣かき回したらイキ顔マックスで潮もマックス噴射だぜwwwwww
見てるだけじゃ俺の欲もおさまんねーし全力でお手伝いしますた(・(ェ)・´)
お互い満足してんのに俺だけ金貰って一挙両得wwwwww ヤター!(・∀・)

投稿: ぴょぷしゃーーー!!!!! | 2009年11月22日 (日) 11時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コテコテだけど久方ぶりの好感触な一冊(「秋に墓標を」 大沢在昌 ):

« ひとつのジャンルを確立しつつある作家(「わくらば日記」 朱川湊人) | トップページ | 久方ぶりのオリジナルアルバム(「BALM IN GILEAD」 RICKIE LEE JONES) »