« 困ったら時代物(「おそろし 三島屋変調百物語事始」 宮部みゆき) | トップページ | 要約出会えた愛しい人の様な音楽(「12 Segundos de Oscuridad」 Jorge Drexler ) »

2009年11月29日 (日)

良くも悪くも基準線とならざる得ない存在(「THE FALL」 NORAH JONES )

NORAH JONES(ノラ・ジョーンズ)という女性歌手を知っているでしょうか?JAZZというジャンルを考えれば、相当の認知度の高い存在だと思いますから名前を聞いた事はあると思います。もっと言えば名前を知らなくても歌や唄声を知らず知らずのうちに聞いている人は沢山居るでしょう。衝撃のデビューアルバム「Come Away With Me」以降、登場する似たような女性シンガー達は、総てポスト・ノラというキャッチコピーが付けられた現象を思うとその影響力の凄さを実感できると思います。それ程衝撃だったんです。その後ノラ自身もその呪縛に囚われたのか、今ひとつシックリこないアルバムが多かった気がします(それでも凄いアルバムばかりなんですけどね)。大ヒットするというのは良いことばかりではないですね。そんなノラの最新作「THE FALL」が発売になりました。何と今回はJAZZ色全く無い音に溢れてます。耳に聞こえてくるのは何時ものピアノの音でなくノイジーなギターの音。何でも今回プロデュースをしているのはトム・ウエイツの「Mule Variations」を造りあげたジャクワイア・キングという人物です。ゆえに旧友ジェシー・ハリスやリチャード・ジュリアンの名前は最小限に抑えられ、マーク・リボーなどのトム一派が名前を連ねています。ノラ自身が今までの殻を破ろうと彼を指名したそうです。その成果はバリバリ表れてます。オーガニックな音楽を想像すると肩透かし食らいます。またトム・ウエイツの音を想像しても全く違います。完全なるノラワールドとなっています。この変化を好むかどうかは好き嫌いでしかないと思います。内容的には全く問題ないレベルの出来栄えです。私個人手してはやはりオーガニック系の路線を好みますが、変わり続ける事も第一線で活躍し続ける人にとっては大切な事なので理解はします。これがヒットする事があると、また追随した女性ボーカルが溢れるんでしょうね。その辺りは下世話ですが興味津々です。

|

« 困ったら時代物(「おそろし 三島屋変調百物語事始」 宮部みゆき) | トップページ | 要約出会えた愛しい人の様な音楽(「12 Segundos de Oscuridad」 Jorge Drexler ) »

コメント


ふぁふwwwwあっふぁふぉっふwwwwwww
適当に相手してただけで何で5万も貰えんの???wwwww
他の子ともマグロなってるだけで4万貰えたしマジキチだろwwwwwww
http://kami.nyanyanyan.com/pl6pf01/
明日バイト休みだしマウンテンバイク買ってくるわ!!(^0^)

投稿: 出来すぎ俺wwwww | 2009年11月29日 (日) 10時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 良くも悪くも基準線とならざる得ない存在(「THE FALL」 NORAH JONES ):

« 困ったら時代物(「おそろし 三島屋変調百物語事始」 宮部みゆき) | トップページ | 要約出会えた愛しい人の様な音楽(「12 Segundos de Oscuridad」 Jorge Drexler ) »