« 10月最後のラジオ(FM豊橋) | トップページ | 元警官が描く骨太のフレンチノワール(「あるいは裏切りという名の犬」 オリヴィエ・マルシャル監督) »

2009年10月29日 (木)

吉本の商売根性には本と頭が下がります(すべらない話スピンオフ)

「人志松本のすべらない話」がTVの特番のレギュラーとなり、ゴールデンにまで進出してしまいました。長い時間放送してくれるのは嬉しいんですが、ゴールデンに昇格すると話せない内容の物も増えるので少し笑いが少なくなったりする傾向にあります。それでも最近のお笑い番組の中では群を抜いて笑える番組の一つではあります。その番組が流行った事で儲かる事なら何でも手を出す吉本興業がスピンオフ作品をDVDオンリーで出してきました。タイトルはズバリ「ジュニア千原のすべらない話」「宮川大輔のすべらない話」です。何のひねりもないタイトルです。内容は司会が松本人志からジュニアと大輔に代わって、出演者の知名度も少し低めの感じです。やっている事は全く同じなんですが、低予算&TV放映がないのでゲストもないわけですから、本と楽屋の内輪話のような雰囲気で展開してきます。まー面白い話もあれば、全く笑えない話もあります。やはり全体的のレベルはTVよりは大人しめです。しかも1時間もない位の収録時間!吉本せこいぞ!せめてもう30分あってもいのではないかと思います。100円のレンタルで借りてきて文句を言うなと言われそうですが、それにしても短い気がします。でも何がお金になるか分からない時代ですよね。只の楽屋での馬鹿話が今やゴールデンで高視聴率を稼ぐんですからね。そして一旦お金になると分かったら骨の髄まで吸い尽くす吉本興業は本と凄いです。この後「ほっしゃん」「コバヤシケンドー」「準一河本」編が続々登場です。経営者として手本にしないといけませんね。

 

|

« 10月最後のラジオ(FM豊橋) | トップページ | 元警官が描く骨太のフレンチノワール(「あるいは裏切りという名の犬」 オリヴィエ・マルシャル監督) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 吉本の商売根性には本と頭が下がります(すべらない話スピンオフ):

« 10月最後のラジオ(FM豊橋) | トップページ | 元警官が描く骨太のフレンチノワール(「あるいは裏切りという名の犬」 オリヴィエ・マルシャル監督) »