« 1+4+0+8=13は不吉な数字。日本なら1012号室(「1408号室」 ミカエル・ハフストローム監督) | トップページ | 直木賞の名に恥じない短編集(「風に舞い上がるビニールシート」 森絵都) »

2009年10月24日 (土)

二人が別れれば、これまでの自分の価値観や人生観を総て否定する事(「スワンソング」 大崎善生 )

「人は一度出会った人と二度と離れられない」という言葉がある。これは大崎善生さんが小説の中で書いた言葉です。確かにその通りだと本を読んだ時に実感した。想い出は無くなる事はないし、知らず知らずの内に何かしら影響を受けている事があり、物理的に別れた後の生活にも時折その影響が顔を出したりします。名言です。そんな大崎さんの「スワンソング」を読みました。今回は(もし二人が別れれば、これまでの二人の価値観や人生観を総て否定すること)というキーワードです。大好きな大崎さんの長編を読むのは「タペストリーホワイト」以来なんですが、その作品が今一つの印象だったのでかなり期待して読みました。ストーリーは単純です。同じ職場で働く主人公と同僚のカップルが居ます。周りも公認で結婚間近という状況で、職場に一人の女性アルバイトが入ってきます。お約束で主人公はその女性に惹かれ、元彼女をふり付き合い始めます。さーそこからがドロドロ劇の始まりです。元彼女の陰湿な嫌がらせが始まり次第に今の彼女は精神のバランスを崩していきます。それをまるで母親のように献身な態度で支える主人公。簡単に書くと何でもない事に聞こえますが、これが壮絶なんです。自分だったら絶対無理だろうというほどの追い詰められた生活なんです。そんな献身的な想いが実り少し立ち直ろうとした時、元彼女が自殺します。その事で更に精神は破綻してしまいます。そして同時期に主人公にはドイツへの単身赴任の辞令。彼女は泣いて頼みます「別れてくれ」と。このままだと自分の足で人生を歩けなくなるからと。彼女の事を思い別れを決断しドイツに単身旅立ちます。四年後帰国した主人公を待ち受ける感動のエンディングが用意されてます。果たして・・・。といった感じの内容なんですが、正直良くあるレベルの恋愛ものです。だから物語としての衝撃はないんですが、途中に挟み込まれは逸話や、詩を紡ぐ様な文章力で一気に読ませます。物語の八割は兎に角暗くてツライ話がしめます。読んでいて本とに胸が痛くなる程です。しかし読み終えるとこのエンディングの為に八割がたツライ話にした事が実感できます。大崎さん流石です。ジャンル分けするとしたら完全恋愛ものなんですが、他の人の恋愛ものなど読めないのに、大崎氏のだけは読んでしまう。何でだろう?やはりその文章表現の綺麗さにあると思います。今回も非常に印象に残った言葉があります。(一度こぼれてしまった言葉を戻す事はできない。たったひとつの単語であろうと、ほんのわずかな感情の発露であろうと、口から外へ出た言葉は、人の耳から入り込み、何らかの反応を示して再び取り戻す事のできない言葉となって戻ってくる)。正にたった一言から始まった恋愛は人生を揺るがすほどの展開を迎える物語です。ただテーマである(別れが二人のこれまでの人生を否定する)には共感は出来ない気がします。否定しない生き方が出来るかどうかはその人次第な気がします。あーここまで書いて総て書いた物を消したくなりました。もっと別のことを書きたかったきがするんですが、上手く表現できませんでした。すいません。一度こぼれてしまった言葉を戻す事はできません。

|

« 1+4+0+8=13は不吉な数字。日本なら1012号室(「1408号室」 ミカエル・ハフストローム監督) | トップページ | 直木賞の名に恥じない短編集(「風に舞い上がるビニールシート」 森絵都) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 二人が別れれば、これまでの自分の価値観や人生観を総て否定する事(「スワンソング」 大崎善生 ):

» キンキキッズ スワンソング 歌詞 [めちゃイケ!ニュースダイジェスト]
◆スワンソング kinki kidsのニューシングル 「スワンソング」 スワン、スワン・・・・ 初めて題名聞いた時は、これを思い出すも またまた歌詞は切ない曲ですな。 ... スワンソング【完全初回限定盤】 KinKi Kids 昨夜のMステよかったな~~。 ...(続きを読む) 二人が別れれば、これまでの自分の価値観や人生観を総て否定 ... ... そんな大崎さんの 「スワンソング」 を読みました。今回は (もし二人が別れれば、これまでの二人の価値観や人生観を総て否定すること) というキー... [続きを読む]

受信: 2009年10月25日 (日) 17時51分

» 単身赴任 [単身赴任]
単身赴任 [続きを読む]

受信: 2009年11月 7日 (土) 19時22分

« 1+4+0+8=13は不吉な数字。日本なら1012号室(「1408号室」 ミカエル・ハフストローム監督) | トップページ | 直木賞の名に恥じない短編集(「風に舞い上がるビニールシート」 森絵都) »