« 魂のランクが上がった小説家(「ソウルズ」 田口ランディ ) | トップページ | やはり白人の限界はある(「CONCERTSⅡ」 SALT&SUGAR ) »

2009年9月13日 (日)

平凡な日常で見つけられる優しさ(「バケツ」 北島行徳 )

私の本の購入はホボ古本屋です。読みたい本を常に探すのもそうですが、全く知らなかった作家と出会うチャンスも多いからです。気になる人をチャレンジして読むのも、失敗しても100円ならいいか、というハードルの低さで思い切る事が出来ます。今までにそのパターンで沢山の知らなかった作家さんと知り合いになりました(勿論失敗も多数です)。その中の一人に大崎善生さんが居ます。大崎氏の本と古本屋で出会ってから総て読破するほど好きになってしまいました。そんな大崎氏が解説を書いている本に出会いました。北島行徳(きたじま・ゆきのり)さんの「バケツ」という一冊です。作者も作品も全く知らなかったんですが、大崎氏が解説を書いているという点だけで読んでみました。内容は知的障害児であり親からも捨てられ、その上盗癖のあるバケツというあだ名の少年と、その少年と何故か同居をすることになった主人公の物語です。連作短編集となっていますが、一話完結してます。元々この北島氏は障害者プロレス団体を主宰し、その流れから「無敵のハンディキャップ」というノンフィクションを出版しています。そうです大崎さんと似た経歴ですね。そして経歴だけでなく全編に溢れる優しい視点も非常に似ています。現在の世の中は非常に冷たくて厳しいんですが、視点をミクロにフォーカスしてみると、所々に思いがけない優しさに溢れて居る事に気付かせてくれます。初めは様々な問題を抱えるバケツを上目線で見ているんですが、読み終わる頃にはバケツの優しさに癒されている自分に気付きます。良い話です。傑作ですよ!と紹介したいんですが、小説としてはもう一つ弱い気がします。その点だけが大崎氏との違いかもしれません。ノンフィクションならこれで良いんでしょうが、フィクションとしたらもう一山欲しかった気がします。しかし今後も読み続けていく作家さんの一人になったのは間違いないです。またまた良い作家さんに出会えました。

|

« 魂のランクが上がった小説家(「ソウルズ」 田口ランディ ) | トップページ | やはり白人の限界はある(「CONCERTSⅡ」 SALT&SUGAR ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平凡な日常で見つけられる優しさ(「バケツ」 北島行徳 ):

« 魂のランクが上がった小説家(「ソウルズ」 田口ランディ ) | トップページ | やはり白人の限界はある(「CONCERTSⅡ」 SALT&SUGAR ) »