« 愛を信じれば見えてくる(「永遠のこどもたち」 J・A・バヨーナ監督) | トップページ | メディアとは?ドキュメンタリーどは?人生とは?(「スプーン 超能力者の日常と憂欝」 森達也 ) »

2009年9月 5日 (土)

人生は回転木馬のよう(「回転木馬」 柴田よしき )

今時回転木馬という言葉を耳にする事は滅多にありません。今やメリーゴーラウンドという呼ばれ方の方が一般的になりました。不思議なもので同じ遊具を指す言葉なのに回転木馬というと物悲しく、メリーゴーラウンドというと煌びやかなイメージがあるから不思議です。ノスタルジックで物悲しいイメージのある「回転木馬」をタイトルに持つ本を読みました。作者は柴田よしきさんです。新しい本を見つければ必ず読む作家さんの一人で、どの作品も安定して読めるのが持ち味です。今回の作品は七年前に出た「観覧車」という連作短編集の続編です。突然夫が失踪した主人公は、夫が戻ってくる事を信じ、夫のやっていた小さな探偵事務所を自ら続けています。日々様々な依頼に応えながら、夫探しを続けています。そこで偶然夫らしき人物の後ろ姿を見つけた事から、一気に急展開を迎えます。本道にこの夫を探す話を置きながら、その過程で出会う様々な人間に生き様を丁寧に描いていきます。ミステリー色も多少あるんですが、そこが売りではありません。人間が生きると言うことの辛さと素晴らしさを描いた一冊だと思います。何時もながら柴田氏は女性の気持ちを書くのが上手いですね。今回も堪能させていただきました。

|

« 愛を信じれば見えてくる(「永遠のこどもたち」 J・A・バヨーナ監督) | トップページ | メディアとは?ドキュメンタリーどは?人生とは?(「スプーン 超能力者の日常と憂欝」 森達也 ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人生は回転木馬のよう(「回転木馬」 柴田よしき ):

« 愛を信じれば見えてくる(「永遠のこどもたち」 J・A・バヨーナ監督) | トップページ | メディアとは?ドキュメンタリーどは?人生とは?(「スプーン 超能力者の日常と憂欝」 森達也 ) »