« 目が見えないから見える事、見えるから見えてない事(「ブラインドネス」 フェルナンド・メイレレス監督) | トップページ | これが本当の遺作です(「酒気帯び車椅子」 中島らも ) »

2009年8月15日 (土)

スケールがちょっと落ちました(「グリズリー」 笹本稜平 )

平成に登場した作家さんの中で唯一スケールの大きい冒険小説を書ける作家さんに笹本稜平さんがいます。過去に「天空の回路」「太平洋の薔薇」という傑作をを含め五作品ほど読んできましたが、どれも標準以上の出来栄えで、古本屋で常に探している作家さんの一人です。しかし余り売れていないのか、中々見つけることが出来ない作家さんの一人でもあります。今回久方ぶりに「グリズリー」という作品を見つけたので読んでみました。舞台は北海道です(この辺りからタイトルがきてます)。Nプランという過去のテロ計画に関与していた元自衛官の犯人は、理想的な国家を目指す為に一人でアメリカという大国を相手に戦いを挑みます。それを阻止しようとするのが地元の警察と公安。北海道の大平原を部隊に最後の戦いが始まります、果たして計画は成功するのか?といった感じの内容です。何時も通り壮大な話なんですが、今回は少し規模が小さい気がします。舞台が北海道という限定された場所に加えて、犯人側が一人というのも何かリアル感薄いし、今ひとつ理念に対して共感や感情移入が出来ません。冒頭にSWATの射殺部隊の準主人公のような男が登場するんですが、この男がもっと重要な役割を担いそうな匂いをさせておいてそれ程でも無い感じにも疑問が残ります。大好きな作家さんだけに少し残念です。やはり島国日本で育った私達には連続して壮大な小説というのは書きにくいのかな?笹本氏も最近流行の警察小説に最近は移行しているみたいだから、少し息切れ感がある読了感でした。それでも現在の作家さんで、これだけの冒険小説を書ける作家さんは殆ど居ないと思います。今後も応援し続けていきたい作家さんの一人です。

|

« 目が見えないから見える事、見えるから見えてない事(「ブラインドネス」 フェルナンド・メイレレス監督) | トップページ | これが本当の遺作です(「酒気帯び車椅子」 中島らも ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スケールがちょっと落ちました(「グリズリー」 笹本稜平 ):

« 目が見えないから見える事、見えるから見えてない事(「ブラインドネス」 フェルナンド・メイレレス監督) | トップページ | これが本当の遺作です(「酒気帯び車椅子」 中島らも ) »