« SFやホラーの形を借りた哲学(「審判の日」 山本弘 ) | トップページ | 100年に一人の歌声(「Let’s Do It Again」 Leela James ) »

2009年8月10日 (月)

またまた新しい才能を発掘!(「For once in my life」 Soul Bossa Trio )

Soul Bossa Trioの新作が届きました。Trioという名前が付いていながらも実態はゴンザレス鈴木の一人ユニットで、アルバム毎に参加するメンバーを変え、企画を変えてアルバムを出してきます。特に女性ボーカルを見つけてくる才能には目を見張るものがあります。最大の収穫は今やトップ・ボーカリストとなったアン・サリーを世に送り出した事でしょう。その他にも畠山美由紀やnoonや首里フジコといった女性を起用し毎回驚かせてくれます。そんなゴンザレス鈴木の今回のテーマーはハワイアンでタイトルは「For Once In My Life」といいます。そしてハワイで見つけた今回の女性ボーカルはサニー・モリタという日系二世です。既にハワイでは大活躍している女性ボーカルで、全曲彼女の歌声で楽しむ事が出来ます。毎回の事ながら選曲が素晴らしい!タイトル曲のスティービー・ワンダーの(For Once In My Life)やロバータ・フラックの(Where Is The Love)などの有名曲から、デルホニックスの(La La Means I Love You)やマリア・マルダーの(Midnight At The Oasis)などのスタンダード曲、そしてインコグニートの(Still A Friend Of Mine)やスイング・アウト・シスターズの(Now Your’e Not Here)などの変り種までバラエティーに飛んだ選曲となってます。この選び方がまた素晴らしい!ゴンザレス鈴木氏の本領発揮といったところです。正直アン・サリー程の衝撃を感じさせるボーカリストではありませんが、夏のビーチで聞くには最高の癒し系の歌声です。この夏一押しのリゾートミュージックですよ!

|

« SFやホラーの形を借りた哲学(「審判の日」 山本弘 ) | トップページ | 100年に一人の歌声(「Let’s Do It Again」 Leela James ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: またまた新しい才能を発掘!(「For once in my life」 Soul Bossa Trio ):

« SFやホラーの形を借りた哲学(「審判の日」 山本弘 ) | トップページ | 100年に一人の歌声(「Let’s Do It Again」 Leela James ) »