« やはりバツタもんはバッタもん(「DAY OF THE DEAD2:CONTAGIUM」「DAY OF THE DEAD」) | トップページ | 大人が恰好良ければ子供はぐれねんだよ!(「チイルドレン」 伊坂幸太郎 ) »

2009年4月11日 (土)

探偵も学者も細かい点に目をつけるのは同じ(「シートン(探偵)動物記」 柳浩司 )

今年度の本屋大賞が湊かなえさんの「告白」に決まりました。衝撃的な内容でしたから受賞は妥当だと思いますが、結構ハードな内容なので心優しい人が読んだらトラウマになるのでは?とちょっと心配してしまいす。本屋大賞はもう少しイイ話の方が似合っている気がします。まー面白い本には違いないですけどね。本年度の本屋大賞三位に入ってたのは柳浩司さんの「ジョーカーゲーム」なんですが、既にこのブログでも書いてますが、正直世間の評価ほど私には面白いとは感じませんでした。たまたまこの作品が合わないのかもと思い、今回柳氏の「シートン(探偵)動物記」を読んでみました。タイトルから分かるように、あの有名な「シートン動物記」の著者シートン・アーネスト・トンプソンが主人公であり探偵役であるミステリーです。80歳代になったシートンが新聞記者相手に話す体験記が短編形式で連作となっています。本物の「シートン動物記」にも登場する動物の逸話も使われているみたいですが、私は読んでいないのでその辺りはよく分かりませんでした。ブログなどで感想をみると知らない人のほうが楽しめるという意見もあるので、知らなくて読んで正解だったのかもしれません。シートン氏が若かりし頃に体験した動物がらみの奇妙な事件が語られるんですが、勿論動物を犯人に見立てて、本当の犯人は人間という形式がとられています。サクッと読めますが、結構楽しめます。正直話題の「ジョーカーゲーム」よりは何倍も楽しめました。この辺りは個人的な嗜好だと思いますが、私はこちらに軍配をあげます。流行のガリレオシリーズやこのシートンにしても科学者や学者は細かい点に異常な程に気付きます。そういう特質は探偵役にピッタリなんでしょうね。今後もそんな主人公の物語は増える予感です。

|

« やはりバツタもんはバッタもん(「DAY OF THE DEAD2:CONTAGIUM」「DAY OF THE DEAD」) | トップページ | 大人が恰好良ければ子供はぐれねんだよ!(「チイルドレン」 伊坂幸太郎 ) »

コメント

コメントの返事ありがとうございました。
昨年のクリスマスの日の記事に書いてあるスティーブン・キング原作の『ミスト』今度観ようと思います。
彼の作品では、痩せゆく男、アラクノフォビア、ミザリー、あとシャイニングもそうかな?思い出してみると結構観てますね。またいろいろお話を聞かせていただけたらと思います。

それと、お店なんですか日本酒がメインで扱っているようですが、ビール、焼酎でもいいでしょうか?

今度後輩と飲みに行く約束なので、お伺いしたいと思います。よろしくお願いしますm(__)m

投稿: たけ | 2009年4月11日 (土) 15時51分

たけさん、どうもです。

 一応日本酒専門店ですがビールや焼酎やサワーもありますので御安心下さい。ただあまりお腹にたまるメニューはありません(珍味やツマミが多いです)。木曜~日曜までの18時~23時までは必ず営業しています。19日(日)は私のLIVEがあります。また26日(日)は既に貸切が入っていますのでお気をつけ下さい。では実際にお会いできる日を楽しみにしています。

投稿: マグ | 2009年4月12日 (日) 01時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 探偵も学者も細かい点に目をつけるのは同じ(「シートン(探偵)動物記」 柳浩司 ):

« やはりバツタもんはバッタもん(「DAY OF THE DEAD2:CONTAGIUM」「DAY OF THE DEAD」) | トップページ | 大人が恰好良ければ子供はぐれねんだよ!(「チイルドレン」 伊坂幸太郎 ) »