« 必然か?偶然か?(「母恋旅烏」 荻原浩 ) | トップページ | アジアから早熟才女登場(「start from here」 Joanna wang) »

2009年3月22日 (日)

少し残虐なハリー・ポッター(「新世界より」 貴志祐介)

このミステリーがすごい!5位&SF大賞1位という輝かしい受賞の話題作「新世界より」を遂に読みました。ホカホカの新作なんですがお客さんのお蔭でこんなに早く読めました。感謝です。作者は一作毎にジャンルが代わる多才な作家貴志祐介さんです。このミスで5位に入賞してますが、読了後の感想はミステリーではなく完全にSFファンタジー作品です。なのでこのミスに入るのは如何なモノかと思いますが、ジャンルを超越して感動した人が多かったんでしょう。さて弁当箱並みの上・下二冊の大長編ですが、案外サクッと読む事が出来ます。この辺りは流石ストーリー・テラー貴志さんの面目躍如といったところでしょうか。読み始めて直ぐ感じたのは「これって何かハリー・ポッターの世界感に似てるな」という事です。舞台は遠い未来。幾つモノ戦争などを経て日本の人工は5万人程に減っています。しかし現代人と違い超能力を使えるようになっています。主人公は小学生の女の子。上巻はその子の超能力養成学校での冒険や友との別れなどの体験談がみずみずしく語られます。この辺りは本とハリポタのようです。傑作という評判だけは聞いていたのですが内容に関しては全く前情報知らなかったので、余りにも爽やかな話にちょっと面食らいました。このまま進むのかと思ったら、後半はいよいよ貴志さんらしい恐怖の展開が怒涛の様に押し寄せます。正直細かい内容をこの短いブログで語るのは無理なほど、アドベンチャー・アクション・ホラー・シリアスなど色んな要素がテンコ盛りです。とりあえずこの複雑怪奇な物語を頭で想像しちゃんと着地させた貴志さんに敬意を表します。その上で不満を言うとしたら、個人的には少し長すぎる気がします。後半の怒涛の展開は一気読み出来るんですが、どう考えてもハリポタ的な前半はもう少し短くても良かった気がします。勿論その部分が良かったという人も多いとは思いますが(というかそういう人のほうが多いです)、私には長すぎました。その点を差し引けば凄い小説だと思います。最後に分かる驚愕の事実は、現代社会が抱える差別と全く同じで、何百年経って超能力を身につけても差別は存在し、それがないと人間は生きていけないというテーマが浮かび上がります。その着地の為にこれだけ壮大な物語を書いた貴志さん。やはり天才は頭の構造が違いますね。でも最後にもう一度言わせて下さい。これはミステリーではなくSFファンタジーです。

 

|

« 必然か?偶然か?(「母恋旅烏」 荻原浩 ) | トップページ | アジアから早熟才女登場(「start from here」 Joanna wang) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 少し残虐なハリー・ポッター(「新世界より」 貴志祐介):

» ★ \(☆^○^☆)/ ★ あっはは♪♪ こぉんなに稼げま [幸せな小金持ち的ライフ]
■★きゃー、どひゃぁぁ?!どうなっちゃってるの?■ 月収が【2倍】?【3倍】??どこまでいくのぉぉ! 自分でも何が何だか分かりませーん!!(≧∇≦) 資格なし 【大当たり?】素敵なビジネスに出会ったよ!! 学歴なし お小遣い稼ぎのつもりが、凄いことにぃー   人脈なし  パートなんてやめて良かった?。 資金なし ★:事実!『年収』みたいな《月収》に! 秘密は⇒ http://thanks... [続きを読む]

受信: 2009年3月26日 (木) 08時55分

« 必然か?偶然か?(「母恋旅烏」 荻原浩 ) | トップページ | アジアから早熟才女登場(「start from here」 Joanna wang) »