« 作家は職業でなく、生き方だ!(「ファミリーポートレイト」 桜庭一樹) | トップページ | ブルー・ファンク進化系(「Nigerian Wood」 KEZIAH JONES) »

2009年3月29日 (日)

まさかの新キャラ登場!(「霊柩車 No.4」 松岡圭祐)

催眠・千里眼・マジシャンと魅力的なキャラクターを主人公にしたシリーズで大ヒットを飛ばす松岡圭祐さんの、新シリーズにまた新しいキャラクターが登場しました。タイトルの「霊柩車 No.4」からも分かるように、今回は霊柩車の運転手が主人公の物語です。しかも只の運転者ではなく、死体の状況から様々な事件の匂いを嗅ぎ取る能力を持つ才人です。その能力を活かし、事件を解決していくという物語です。謎解きありアクションあり、そして主人公が抱える過去の悲しみありと盛り沢山の内容です。主人公こそ違えど何時もの松岡作品と同じ様な展開で進んでいきます。エンターティメント性が強くTV化・映画化向きの作品を書く作者なので、今回もドラマ化されてもおかしくない設定です。サクッと1時間で読了しました。面白くない事はないですが、特別今までの作品と何か違いがあるかというと無いので、絶対読むべき作品とは言いませんが、松岡作品ファンには楽しめる作品ではないでしょううか。人の死に何時も直面している職業の主人公の言葉にいい言葉があったので最後に書いておきます。「人は一生を通じて、何かをこの世に遺したいと思っているはずです。遺族はそれを受け取らねばならない。たとえそれが苦痛を伴うものであっても、受け継がねばならないものがあるはずです」非常に重みのある言葉だと思いました。

|

« 作家は職業でなく、生き方だ!(「ファミリーポートレイト」 桜庭一樹) | トップページ | ブルー・ファンク進化系(「Nigerian Wood」 KEZIAH JONES) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まさかの新キャラ登場!(「霊柩車 No.4」 松岡圭祐):

« 作家は職業でなく、生き方だ!(「ファミリーポートレイト」 桜庭一樹) | トップページ | ブルー・ファンク進化系(「Nigerian Wood」 KEZIAH JONES) »